Googleアナリティクスでサイトのパフォーマンスを調べることの重要性

コンテンツマーケティング

関連キーワード

オーディエンスGoogle

 Googleアナリティクスは、ウェブベースのコンテンツを評価するツールの決定版だ。
作成したコンテンツのインパクトや評価を測定するときなど、Googleアナリティクスが多くの質問に答えてくれる。
ウェブサイトのビジター数、ページビュー数、直帰率など、既にこの強力なツールを使い、主要なマトリクスを確認しているかもしれない。

しかしGoogleアナリティクスの役割はそれだけにとどまらず、アクション可能なインサイトをより深く発掘し、コンテンツが達成している結果をクリアに描き出し、改善のチャンスを知らせてくれる。

データを決定に活かす

 Googleアナリティクスが最も役に立つのが、重要な決定をする場面でのサポートだ。
アナリティクスデータは何が有効で、何がそうでないのかを明確に教えてくれ、とるべきアクションを示してくれる。

そのプロセスは、次の5ステップでシンプルに理解できる。

1. コンテンツパフォーマンスのアイデアを理由付けする
2. アイデアをサポートする質問を決める
3. 質問に回答する適切なデータを示すレポートを作成する
4. アナリティクスデータを元にアクションを起こす
5. 集めたデータに応じたアクションの結果を測定する 

Googleアナリティクスを支配する4つのレポート

 前述の5つのステップにおいて、アナリティクスをデータリソースとして活用する場合、あなたが確認できるレポートは4つのカテゴリーに分けられる。
いずれもウェブサイトのコンテンツマーケティングのパフォーマンスにインパクトを与えるインサイトの理解に欠かせない、重要な指標になる。

1. オーディエンスレポート:オーディエンスが誰なのか、どんなコンテンツに興味を持つのか、どのように関りを持つのかを理解できる

2. サーチレポート:あなたのコンテンツを発見するために、ビジターが検索したワードは何か、またあなたへのトラフィックにつながったソースを提示する

3. 行動レポート:サイトのビジターのアクションを測定し、ユーザーエクスペリエンスを改善する方法を探り、コンテンツのエンゲージの可能性を最適化する

4. コンバージョンレポート:コンテンツがあなたのマーケティングの目標達成に役立っているのか、またはどのコンテンツがベストな結果を出しているのかを明示する

レポートの確認と分析を習慣に

 パフォーマンスデータのトラッキングと分析は、1回だけで終わるものではない。
レポートを度々確認し、あなたのアクションがポジティブな結果を生んでいるか、または最新トレンドや戦術に沿ったものになっているかを確かめなければならない。
勘に頼ったウェブサイトの測定には限界がある。うまくいっているときは大きな問題にならないが、何か問題が発生した際、原因の迅速な特定と改善案の策定は、Googleアナリティクスなしでは難しいだろう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事