コンテンツマーケティングのプロを見つけ出すための6ステップ

コンテンツマーケティング

周到なコンテンツマーケティングができていない状態とは、ドキュメント化された戦略と明確がゴールがないことを意味する。
自分たちだけで改善できないからと、その状態にとどまっていてはいけない。
次のレベルに引き上げてくれる、コンテンツマーケティングのプロに協力を求めるときだ。
だが、適任者を見つけるためにすべきこととは何か?

時間はかかるかもしれないが、これから紹介する6つのステップを経ることで、コンテンツマーケティングを駆使してブランドの成功をサポートする優秀なマーケッターを見つけられるはずだ。

ステップ1:ニーズを明確にする

どのようなスキルを持ったマーケッターが必要なのかを考えてみよう。
代表的なマーケッターのスキルには、次のようなものがある。

・ストーリーテリング:世界に発信するストーリーを作成する

・リスクテイカー:ライバルと同じ方法では、一歩抜け出すコンテンツを作れない。新しいチャレンジに果敢に挑めるマーケッターが必要だ

・真のタレント:優秀であっても継続して学び、組織の持続的な成長をサポートする気がないマーケッターでは意味がない

ステップ2:求人広告を作成する

 求人広告には、あなたの求めるスキルを目立つ場所に掲げ、会社のストーリーを既に頭に描いている人材を集める必要がある。
また、求人広告のデザインにも考慮が必要だ。質素過ぎても優秀な人材は集まらないし、飾りすぎても逆効果だ。会社の文化を反映したデザインが、適任者の興味を呼ぶ。

ステップ3:面接候補者を選ぶ

 候補者の選出は、プロセスにおいてそれほど難易度は高くない。デジタルマーケティングや広告、カスタマーのマインドセット、ROI(投資対効果)の理解度が高い候補者を選べばよい。

ステップ4:質問を設定する

 会社に関連する質問を用意したいのは分かるが、コンテンツマーケティングのスキルを判断する、次のような重要な質問は押さえておきたい。

・オーディエンスとシェアしたいメッセージと基準は?
・マーケティングの効果の測定方法は?
・会社が選ぶべきコミュニケーションチャンネルは?その理由は?
・コンテンツ作成の楽しみは?
・コンテンツマーケティングのROIとは具体的に何か?
・教育的コンテンツ、情報コンテンツとは何か?

ステップ5:候補者を競わせる

 優秀な候補者に宿題を準備しよう。内容は実際のコンテンツ作成に則したもので、製品のセールス/プロモーションを目的としたコンテンツマーケティング戦略の立案だ。

ステップ6:採用者の決定

 このステップをクリアした候補者であれば、採用する十分な資格を備える。ステップ5で作成したコンテンツマーケティング戦略を実践し、これまでとは違うレベルのマーケティングに取り組んでほしい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事