コンテンツのレビューと承認を加速する方法

コンテンツマーケティング

関連キーワード

マーケティング

コンテンツマーケッターは、プランニングと実践のフェーズにおいて、すべてのプロセスをコントロール下に置いている。そしてコンテンツを期限内に作成し、完成度に手応えを感じ満足していることだろう。だが、レビューと承認のフェーズで、壁に当たることになる。そして、感じていた達成感はどこかへ飛んで行ってしまうのだ。

このような体験をしたマーケッターは、決して少数ではない。
2015年のContent Marketing Worldに参加したマーケッターへのアンケートでは、レビューと承認のフェーズで92%が被害者になったことがあると回答した。そのうち5人に1人の割合で、レビューと同意プロセスの混乱のため、1週間以上のプロジェクトの遅延を体験している。そのような悲劇を回避するため、レビューと承認のフェーズをスムーズにする方法について考えてみたい。

テンプレートを作成する

レビューと承認フェーズに明確なルールがないため、悪いサイクルに陥り、数日から数週間、場合によっては数カ月と無駄な時間を過ごすことになる。

以下のような必要な作業のテンプレートを作成することで、効率よくレビューや承認プロセスを進められるようになる。

プレビュー:レビュワーや承認者に、コンテンツの完成時期を知らせる

レビューラウンド1:レビュワーにファーストバージョンのコンテンツを配信し、コンテンツの目的と期限を知らせる

改訂ラウンド1:レビュワーからのフィードバックをもとに、コンテンツをアップデートする(期限3日)

レビューラウンド2:新バージョンのコンテンツを配信し、最終承認を得る。そして期限を知らせる(期限3日)

改訂ラウンド2:ラウンド2のフィードバックをもとに、最終バージョンのコンテンツを作成する(期限3日)

配信:最終バージョンのコンテンツを公開する。

当然、あなたの作業プロセスにこのテンプレートはマッチしないかもしれない。大切なのは、あなたの組織や環境で機能するテンプレートを作ることだ。

少数精鋭のレビュワーと承認者を用意する

多くのブランドが、レビュワーが多いほどコンテンツの質が高まると考えている。
しかし中には、ビューワーとして不適任者が混ざることもある。そのような状況では、レビュー/承認プロセスだけでなく、コンテンツの質にも悪影響が出てしまうだろう。
そのため、レビュワーと承認の選任には、細心の注意が必要になり、少数精鋭部隊にすることで、効果が高く丁寧な作業が可能になる。

レビューと承認のフェーズの改善は、マーケティングプロジェクト全体に好影響を及ぼす。
目の前の壁は消え、プロジェクトも期限内に完了するだろう。エンドレスなレビューの繰り返しを終わらせ、質の高いコンテンツをもっと多く発信できるようになるはずだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事