成功を感じさせるパーソナルスタイルの身に着け方

ブランディング

関連キーワード

セルフブランディング

好むと好まざるとにかかわらず、あなたのイメージは周りの人たちにあなたのストーリーを伝える。
だからといって、そのことにプレッシャーを感じることはない。やり方次第で、人々があなたに対して抱く印象を、あなた自身で決められるかもしれないのだ。
そう考えると、あなたのスタイルがパワフルにツールになることに気づく。
まず服装から見つめ直すことで、あなた自身の価値を高めてみよう。

あなたのスーパーマンコスチュームは何か?

クラーク・ケントはスーツを脱ぎ、コスチュームに身を包むと、世界を救うスーパーヒーローに変身する。
どんな服装が、あなたをスーパーマンの気分にさせてくれるだろう?また、TVの1時間番組に出演するとしたら、どんな服装で挑むだろう?服装をちょっと変えるだけで、人は自信を持てたり、気分が良くなったりする生き物なのだ。この特徴をフルに活かして、独自のパーソナルスタイルを築いてみてはいかがだろう。会社のユニフォームである必要はない。
あなたが思う、理想的なスタイルを頭に思い描いてみよう。

他人があなたを表現する3つの単語を考える

 他人はあなたのスタイルをどのように表現するか、3つの単語をピックアップしてみよう。どの単語を選んだだろう?
その表現は、現実とマッチしているか?あなたが表現したいのは親しみやすさか、圧倒的な存在感か、クラシックか、モダンか?
あなたのウェブを作成するウェブデザイナーに、あなたのスタイルをアドバイスするとしたら、どんな表現になるだろう?
逆に、あなたを表現する単語として使われたくないものは何か?

 個々の服装を見たときに、忠実にその印象を言葉で表すことはとても重要なスキルになる。

例えば特徴のないスーツを着用しているとき、パーソナリティを表現するために何が必要になるか。
どのような言葉で表現されたいのかを考えたら、その答えが見えてくるはずだ。そして、あなたがなりたいと考える3つの単語にマッチした著名人について考えよう。彼らのパーソナルブランディングの手法は、生きた教材になるだろう。

あなた自身に正直になり、服装の持つパワーを信じよう。そうでなければ、せっかくの装いが、単にあなたを着飾るだけのコスチュームになってしまう。
ディズニーランドの職員はそれでいいかもしれないが、コスチュームを着た人から何かを買いたいと思う人は少ないはずだ。

あなたのスタイルも、パーソナルブランディングの一部になる。あなたの印象を表現する単語を一定に保つことで、クライアントとの結びつきが、時間とともに強まるはずだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事