カスタマーとの信頼性を築き強力なブランドを構築する方法

ブランディング

ブランディングが需要なのは昔から同じだが、今ほど重要性が高まったことはなかった。

インターネットのおかげで見込み顧客へのリーチは容易になり、常に販売のチャンスを得ることができる時代になった。

クオリティ、コスト、実践がカスタマーの決定に大きな役割を持つようになる一方、信頼性は変わらず売り上げのための重要なファクターになる。

信頼性を得るためにブランドの役割は大きく、正しいブランディングができるかがマーケティングの成功を左右するといっても過言ではない。

計画は数カ月をかけ周到に

企業のブランディングを効果的に進めるため、計画段階でじっくりと時間をかける必要がある。

ブランド名、ロゴ、タグライン、ブランドカラー、アプローチのトーンなど、決めるべき要素は多い。決定する行為より、一貫性の維持がより重要になる。

ブランドファクターの変更にはハードワークが伴うため、計画をしっかりと練り、ブランドが何を提供すべきかの情報を企業内で理解を進め、共有する必要がある。

ブランドに関するクエリをモニタリングする

Googleで検索者が入力するワードやフレーズは、オーディエンスが何を問題にし、ブランドに何を求めているのかを如実に表す。例えば[ブランド名 詐欺]と検索する人が多い場合、Googleのオートサジェスト結果に反映されることになり、ブランドイメージの悪化につながる。

 人々がどのようなブランドに関連するワードを検索しているのか、またそれぞれのキーワードにおけるランキングを知ることは、ブランディング活動で最も重要な行為になる。市場には様々なキーワードリサーチツールがあり、SErankinngなどのキーワードポジショニングモニタリングソフトとあわせて活用したい。

KISSは今でも有効

有名なスローガン“簡潔に単純にしておけ(KISS:Keep it simple and stupid)”はすべてのセールスマンの心に刻まれている。この言葉に含まれるレッスンは今でも有効なばかりか、適用範囲はセールス範囲内にとどまらない。シンプルであることはブランディング活動にも必要なことで、ブランドの本体企業を覚えてもらうには重要な要素となる。

ブランディングとは努力の継続で形成され、あなたの活動がそれを強化する。ブランディングの注意深い実践が、“スマートビジネス”に近づくための最良の手段になる。一貫性があり印象に残るコンテンツを複数のメディアで発信することで、ライバルとはひと味違うブランドを築けるはずだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事