注意すべきコンテンツテクノロジーの落とし穴

コンテンツマーケティング

関連キーワード

マーケティング

コンテンツマーケティングに欠かせないコンテンツテクノロジーではあるが、あまり頼りすぎることへの危険性が指摘される。テクノロジーをうまく活用しながら、その落とし穴のリスクを避ける方法について考えたい。

ソリューションとしてのテクノロジーのトラップ

テクノロジーのプロミスとして、人間はもっと良い人間になれるというコンセプトがある。

テクノロジーを活用することで知識人はより多くの知識をシェア・獲得でき、デザイナーはより良いデザインを、ライターはもっと良いライティングを、クリエイターはもっと良いコンテンツをもっと早く力強く発信できるようになる。

コラボレーション、データに基づいた結果、ビジビリティ、アクセスビリティ、コネクティビティ、インテリジェンスをサポートするのがテクノロジーになる。

落とし穴を回避するための注意点

だが、テクノロジーを活用したコンテンツマーケティングを成功させられるかどうかはテクノロジー自体ではなく、ユーザーやプロセス、戦略にかかってくる。
コンテンツテクノロジーを活用する際、落とし穴を回避するために次の注意点があげられる。

・チームプロセスを短時間で大きく変更しない。チームメンバーの生活に影響を与えるほど仕事を増やしてはいけない

・シンプルさにこだわり、スタッフの苦労をできるだけ取り除く

・テクノロジーの利用者に、その必要性を説明し理解してもらう

・過剰な管理を求めない

・誰もがツールのエキスパートになる必要はない。自分の仕事に役立つツールは最低限使えるようにする

・購買決定者は、実際に使う人と話をする。それぞれの立場で求めるテクノロジーに違いがあるためだ

ドキュメント化する

 テクノロジーの取り組みにおいては、プロセスの中で生じる弱点や穴などをドキュメント化しておこう。
そこで得られた知識は、次回同じような状況でプロセスの効率化に役立つはずだ。

パーソナライゼーションの自動化

 またテクノロジーのプロミスであるパーソナライゼーションの自動化が、マーケッターを落とし穴に引き寄せる。

コンテンツのセマンティックやストラクチャーへの取り組みが不要になると考えてしまうためだ。テクノロジーが高度化しても、マニュアル作業が不要になるわけではない。

マニュアル作業を早い段階で終わらせるほど、パーソナライゼーションの結果は良好なものになる。
自動学習ツールといえども、人による入力が必要なのだ。ツール自体が独創性を発揮することは決してない。テクノロジーによるソリューションは、自動化の前にあなたの手助けとアイデアを必要とする。

アナログ感覚で時間をかけ、問題と機会を理解することで、スピード感と効率性を持ってテクノロジーを提供できるはずだ。

落とし穴

 落とし穴は、テクノロジーのプロミスを過信するために生じる。

テクノロジーはパワフルであるが、バラバラになったチームの修復をしたり、コンテンツ戦略の不足箇所を埋めたりできるわけではない。

企業のマーケッターは、既に実施しているマーケティング手法を強化、拡張、効率化する目的でテクノロジーを活用すべきだ。テクノロジーがハードワークを処理してくれるほど甘くはない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事