コンテンツマーケティングに活用したいリサーチインサイト

コンテンツマーケティング

2010年、コンテンツマーケティングはバズワードの領域を超えることはなかった。ほとんどのマーケッターのアプローチは、同僚が採用して成果を出している戦術に対する好奇心からくるものだった。確かに今でも戦術への関心は高いが、それ以上に考慮すべきものもある。

コンテンツマーケティングはより複雑なビジネス手法、例えばコンテンツ作成、戦略、ディストリビューション、有料プロモーション、評価など様々な個別エリアを含むものに成長した。

担当マネージャーはコンテンツマーケティングをオーガナイズするために、組織内の調整、必要な予算、職務の役割などについて、ベストな方法を選択するという重い責任を担うようになった。

そんな複雑化したコンテンツマーケティングに活用したい、1102人のB2Bマーケッターから得たリサーチインサイトを紹介する。

何が成功に導くのか

B2Bマーケッターの62%が、組織のコンテンツマーケティングに対するアプローチが1年前より改善していると回答した。

最も成功につながるファクターとして、効果的なコンテンツ作成、そしてコンテンツマーケティング戦略の開発・調整の2つの回答が多かった。

数年前の調査では、コンテンツ作成が最も困難なチャレンジだとの回答が多かったが、マーケッターの進化を伺わせる結果が出ている。

インサイトから学べること

調査結果で明らかになったファクターに対する、組織の取り組みついて考えよう。特に作成するコンテンツの質、プロセスの効率、あなたの努力を無駄にしない戦術が一定レベル以上で確保できているのかが、成功のために欠かせない重要なファクターになる。

コンテンツマーケティングの成功には時間がかかる

満足できるコンテンツマーケティングが出来ていないと実感するマーケッターは、その最大の要因を時間不足としている。
B2Bマーケッターの28%が1年前とコンテンツマーケティングの質が変わっていないと回答しており、その原因をコンテンツマーケティングを発展させるだけの十分な時間が確保できなかったためだという。
1年前より質が低下したと回答したマーケッターも、原因として同じ理由をあげている。

インサイトから学べること

日々の細かなマネージメント作業から解放され、効率的な仕事をできる方法を考えてみよう。

もし、もっと多くの時間をコンテンツマーケティングに割けるとしたら、その効果を最大化するためにどのエリアにフォーカスすべきだろう。

その回答が、あなたの組織にとって必要なことになる。それは特定のゴールやターゲットオーディエンス、予算に関するものになるだろうが、行動に移す前にコンテンツマーケティング戦略としてドキュメント化することが重要だ。

それが組織のロードマップとなり、優先順位の設定、時間の節約に役立つはずだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事