YouTubeアナリティクスの活用方法

動画

YouTubeのヘビーユーザーであれば、既にYouTubeアナリティクスの機能に精通しているかもしれない。YouTubeアナリティクスは、ビデオの閲覧数、どの国からのアクセスか、トラフィックのソースなどの情報を教えてくれる。ではYouTubeアナリティクスが、ライバルのビデオなど、あなた以外のビデオの統計を教えてくれることを知っているだろうか?

YouTubeビデオ統計の確認方法

注意:YouTubeビデオをアップロードしたユーザーは、統計の表示を不可にするオプションが与えられるため、すべてのビデオの統計が見られるわけではない

1. 最初に、統計を見たいYouTubeページを表示する。その際、YouTubeチャンネルではなく、個別ページにいることを確認する
2. 右下の再生回数のトータルが表示されるボックスのダブルアローをクリックする
3. トータルビュー、トータルインタラクション、ビデオへのリンクなどに分割された統計が表示される

YouTubeビデオ統計の解釈

トータルビュー
 ビデオがアップされてから蓄積された、トータルの再生回数データを表示する。時間の経過と再生回数の増減という、興味深いデータが確認できる。例えば、イベントの発生が与えるトラフィックへのインパクトなどの理解に役立つ。

コメント/お気に入り/評価/栄誉
 これらの指標は、YouTubeビデオのエンゲージメント統計を確認できる。それぞれの反応が多いほど、ビューワーのエンゲージが高いことを意味する。エンゲージメントのメトリクスは、YouTubeビデオの成功をダイレクトに表す重要な指標になる。

リファラルとインバウンドリンク
 この指標からも、かなり興味深いデータが得られる。ビデオビューがどこからきたのか、YouTube以外にビデオが組み込まれた場所、ビデオにリンクしたサイト、ビデオを発見するための検索ワード、関連YouTubeビデオからのリファレルを確認できる。何がビューにつながっているのかを知るベストな指標だ。

オーディエンス
 ここでは性別、年齢、視聴者のロケーションなどのデモグラフィックスを確認できる。ときには驚くような情報が得られる。マーケッターがこれまでターゲットとしなかった新たなマーケットの開発につながる。ライバルのオーディエンスを知ることも、次のマーケット戦略のために必要になる。

YouTubeの栄誉
 このセクションでは、YouTubeから受けた栄誉を示す。例えば一定期間/特定カテゴリー/個別の再生回数におけるNo1のなどの栄誉だ。これらのランキングリストに取り上げられることで、ビジビリティの向上やバイラルビデオに成長する可能性が高くなると判断できる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

動画のおすすめ記事