Vidsummitから学ぶビデオマーケティングのヒント

動画

 Vidsummitは、ビデオマーケッターにとって特別なイベントだ。VidconがYouTubeスターとの出会いがあり素晴らしい学びの場であるのに対し、Vidsummitはどちらかというとプロフェッショナルというより、カレッジレベルのコースとして、YouTubeマーケティングで活躍する人たちから実践的手法を学べる。そんなVidsummitから、マーケティングのエキスパートから学べるヒントについて、いくつか紹介したい。

成功するYouTubeキャンペーンに必要な要素

 成功するYouTubeキャンペーンには、魅力、持続性、マネタイズという要素を備えているという共通点がある。そもそもビデオのビューだけでは、ビジネスの目標に達しなければ意味がない。そのため、ビデオについて3つの要素に関する測定可能な目標を設定することが必要になる。あるエキスパートにいわせると、目標のないビデオのアップは、スパゲティを壁に投げつけるようなものだという。

プリロールとインディスプレイ広告の効果

 プリロールとインディスプレイ広告からは、オーディエンスのターゲット層からかなり高い確率でビューを期待できる。つまり、バイラリティとビジネスプランは切り離せないのだ。マーケッターは通常、有料広告のパワーを利用し、バイラリティを獲得する。そのことについては、何も間違っていない。たまたまオンラインにアップされたバイラルビデオが、数百万人に視聴されるのは神話に過ぎない。

低パフォーマンスのビデオを削除する効果

 パフォーマンスの悪いビデオを削除することで、チャンネル全体のランキングが劇的に向上する。低パフォーマンスのビデオが、ランキングに悪影響を与えている。視聴時間が短い、もしくは評価の低いコメント付きビデオは、チャンネルにとって悪害でしかないのだ。

インターナショナルなビューも取り入れる

 メインのタグを多言語にする事で、外国からの視聴も期待できる。そして、メディアへの露出を目的とするキュレートコンテンツの関連ウェブサイトに掲載する。また、メジャーなイベント周辺でのプロモーション戦略などによるビューの獲得を狙おう。さらに、ビューや登録者を獲得できる場所がどこなのかを知るために、オーディエンスの動向に注目する。その際、すべてのオーディエンスを満足させようとは考えないことだ。

ビデオプラットフォームの違いを考慮する

 各ビデオプラットフォームには独自性があり、求められるストーリーテリングのテクニックも変わってくる。そのため、プラットフォーム間でのビデオコンテンツを再利用することは避けたい。YouTubeで成功した動画が、Facebookでも成功するとは限らない。適切なターゲティングをしたいのであれば、マルチプラットフォーム戦略が基本である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画のおすすめ記事