企業ブランディングとパーソナルブランディングを両立させる方法

ブランディング

パーソナルブランディングは、あなたのために新しいドアを開き夢を実現する。正しくあなた自身のブランディングを実践できれば、あなたの評判は高まり、有名なアドバイスである“あなた自身の紹介が必要なくなるまで努力する”状態に近づくことができる。では、パーソナルブランディングと会社のブランディングを同時に行うにはどうしたらよいのだろう?

特に立ち上がったばかりの企業にとって、起業家自身のパーソナルブランディングにフォーカスするのは難しい作業になる。しかし、パーソナルブランディングのゴールを実現するために必要なあなたの血や汗、涙は会社の成功にもつながる。ブランドはあなたの子どもでもあり、成長を目の当たりにできる。パーソナルブランディングと企業ブランディングの成功を両立させることで、大きな自信になるはずだ。しかし子育てと同じように、何かを大事にしているときには、あなた自身へのケアが疎かになることもある。子どもの親であれば、趣味や自由な時間を割かれるのと同じで、起業家であればパーソナルブランディングを後回しにするかもしれない。だがパーソナルブランディングが企業ブランディングに寄与することを知れば、気後れすることなくパーソナルブランディングにフォーカスできるはずだ。これから、成功するパーソナルブランディングの秘訣をいくつか紹介したい。

現在のデジタルプレゼンスを認識する

Googleであなたの名前を検索する。シークレットモード、もしくはクッキーなしの検索オプションを利用して実行するのが、本当の検索結果を知る最も効果的な方法になる。あなたの名前が上位に表示されるだろうか?パーソナルブランディングが正しく行われていなければ、あなたのソーシャルメディアアカウントとともに、同じ、もしくは似た名前が混ざって表示されるだろう。

個人と企業サイトを充実させる

個人と企業の両方をオーディエンスに伝える最も効果的な方法が、企業の“アバウト”ページを充実させることだ。サイトの説明文はクリアで読みやすく、エンゲージを促すものがベストだ。イメージ検索にかかるような顔写真も目立つ場所に設置しよう。その際、名前やタイトル、ソーシャルメディアリンクを含むalt属性を入れる。

ソーシャルメディアにエンゲージする

ソーシャルメディアでは、あなたと同じ産業のコミュニティで、見込み顧客たちと積極的に会話を交わそう。ソーシャルメディアのアカウントは、一気に数千人のオーディエンスに存在を示す効果を持つ。Blackstone Medical ServicesのVick Tipnes氏は、「ソーシャルメディアはパーソナリティを示すと同時に、ブランドやミッションをサポートするベストな場所になる」とソーシャルメディアの効果を強調する。

パーソナルブランディングは決して簡単なプロセスではないが、あなただけでなく、企業の成功にもつながるとても重要な作業だ。ソーシャルメディアのコミュニティや会話に参加し、エキスパートとして活躍する必要がある。そして、個人や自分のブランドだけの成功のために活動するのではなく、産業全体の成功を目的とすることが重要だ。コミュニティーに継続して価値を提供することで、あなたを期待する声が日々大きくなるだろう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事