ソーシャルメディアをブランディングに活かす方法

ブランディング

ソーシャルメディアはもはや、現代人の日常生活になくてはならない存在になった。これまでは祖父母世代が、Facebookに自分たちのプロファイルを掲載することはほとんどなかった。しかし、全世代に浸透しつつあるソーシャルメディアは、ターゲットとするデモグラフィックスから可能性の制限を取り除こうとしている。ソーシャルメディアのユーザーは増え続け、リーチの可能性も拡大し続けている。

ソーシャルメディアマーケティングの領域はコンテンツの変化に左右され、それはソーシャルメディアを取り巻く景色も同じことだ。成功するオンラインブランディングとは競争力のあるアイデアだけでなく、さまざまな要因の変化にどれだけ適応できるかにかかっている。ブランドが目新しいダイナミズムを持たなければ、新規ユーザーだけでなく既存のユーザーでさえブランドコンテンツに目を向けることはないだろう。そのため、ソーシャルメディア間にあるわずかな違いや特徴を理解することが、オンラインブランディングの成功につながる。では、どのような視点からソーシャルメディアと付き合うことが必要なのかをみていこう。

eコマースとソーシャルメディアの融合

 オンラインショッピングやeコマースをソーシャルメディアに取り入れる試みは、長く実践されてきた。そしてついに、メインストリームとして適用されるレベルになってきた。ユーザーはスマートフォンやタブレットで買い物をする習慣が身につき始めており、これまでのアプリやソフトウェアなどのデジタルアイテム以外にも範囲は広がりつつある。 

 ウェブベースの販売資材はセールスとエンゲージメント、どちらにも寄与する。ブランドTシャツの販売が、eコマースをソーシャルメディアに統合した典型的な例になる。Twitterに“buy”ボタンを挿入するなど、eコマースとソーシャルメディアの本格的な融合の流れは今後も変わらないだろう。

アジリティはもはやオプションではない

 承認やコマンドの連続処理を、パソコンの前でじっと待つ時代は終わった。ソーシャルメディアにおけるスピードとは、関連イベントに対するマーケッターによる迅速なレスポンスや行動を意味する。その状況を整えるため、上司やマネージャーはマーケッターを信頼し、イベントやアジリティ、つまりマーケティングキャンペーンと同時進行の機敏な対応を任せる必要がある。

コンテンツはキング

コンテンツはキングであり、しかも長寿命だ。コンテンツマーケティングはオンラインマーケティングの重要なパートとして長年存在し続け、しかもその価値は益々高まっている。オンライン広告の世界で仕事をする者にとって、もはやコンテンツマーケティングを避けることはできなくなったのだ。コンテンツのタイプにはブログ投稿、動画、イメージ、インフォグラフィクス、ソーシャルメディア投稿などさまざまだ。オーディエンスに感銘を与えるコンテンツは、彼らのソーシャルメディアで紹介され、そこから拡散する範囲は無限に広がる。やはりソーシャルメディアにおいても、オーディエンスに広く受け入れられるコンテンツがキングであり、最もマーケッターが重視すべきマーケティングコンポーネントになる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事