マーケティングをクリエイティブにする意外な方法

コンテンツマーケティング

正直に話し合おう。コンテンツの作成やマネージメントのためのスタンダードに、好意的な印象を持っているだろうか?またはスタンダードを、クリエイティビティの障壁として捉えてはいないだろうか?もし後者であり、デジタルスタンダード対し懐疑的な見方をしているマーケッターにはこの記事を読み進めてほしい。

実は組織内で正しいスタンダードが確立されていると、オーディエンスに良好なコンテンツ体験を提供するだけでなく、チーム内のクリエイティビティの押し上げにも寄与するのだ。

デジタルスタンダードとは何か?

組織内のデジタルパブリケーションに関するスペックやガイドラインが、デジタルスタンダードだ。例えばあなたがチームの新参者であったり、コンテンツ作業からしばらく離れていた場合、もしくは同僚のコンテンツの決定に不満を持っている場合に、デジタルスタンダードが解決に導く。

デジタルスタンダードがクリエイティビティを引き出す理由

“コンテンツは一貫性を持つべきだ”という視点から、デジタルスタンダードがクリエイターにクリエイティビティを発揮させる自由を与える。コンテンツに関する事前の決定事項が彼らのエネルギーの浪費を防ぎ、コンテンツ作成におけるクリエイティビティサイドへのフォーカスを助けるためだ。

 例えば車のデザインカラーをイメージするとき、レッドやブラック、または夢で見たステンカシミールだって可能になる。クリエイティビティが、自由に解き放たれるのだ。車の表面を保護するとか、長年見た目を維持するなどはスタンダードが決定しているので、考慮する必要性がなくなる。車のペインティングプロセスはスタンダード化されているため、デザイナーはカラーデザインにフォーカスし、存分にクリエイティビティを発揮できる。

 私たちの身の回りを見回してみても、スタンダードを実感できるはずだ。例えば店舗にある飲料品の数々。ボトルや缶、箱はほぼスタンダード化されている。製造プロセスは、形式化されているからだ。スタンダード化された容器の善し悪しはあるが、バラエティの範囲は広い。飲料品自体の可能性は無限にあるのだ。

 デジタルマーケティングも同じだ。例えばウェブページの理想的な文章の長さがスタンダード化されているとき、その長さの範囲内でさまざまな競争力の高い文章を考えることができる。ビデオやイメージも同じで、スタンダード化されることで逆に自由度が高まる。スタンダードが毎回同じ決めごとにエネルギーを消費することを防ぎ、楽しいパートやエンゲージメントなどのクリエイティブな観点にフォーカスできるのだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツマーケティングのおすすめ記事