オーディエンスが求めるコンテンツを提供する重要性

コンテンツマーケティング

すべては、オーディエンスが求めているコンテンツを発信できるかどうかである。コンテンツチームが何に興味を持っても、次に何がホットトピックになるか予測しても、何をオーディエンスに伝えたいか考えようが関係ない。また、あなたのインダストリーがどんなに盛り上がろうと、どんなにライティングスキルが高かろうと、コンテンツにマッチするキーワードが多かろうと、コンテンツマーケティングの成功には関係ないのだ。むしろ、思慮深いコンテンツに対する考え方、コンテンツヘッドラインのフレーム、既存の、もしくは未来のクリエに基づいたメタディスクリプションタグが、コンテンツマーケティングの成功につながるのだ。

Vertical Measuresのコンテンツチームには、常に「タイトルのダブルチェックと検索エンジンで検索されているキーワード確認を怠るな」の声が響く。GoogleやBeingの検索エンジンは、文章の善し悪しや、コンテンツが貴重なデータを示しているのかまでの理解は不可能だ。例えあなたが、オーディエンスが必ずみたくなるコンテンツだという自信を持とうと関係ない。検索エンジンが最優先するのは、検索ワードに対し、タイトルやメタディスクリプションがどれだけ一致するかどうかだ。

実際にタイトルとコンテンツ、両方とも失敗しているケースは多い。理由は簡単だ。オーディエンスが検索しているタイトルとコンテンツではないからだ。無価値のコンテンツのために、数時間も作業に費やすのはもったいない。では、オーディエンスが求めるコンテンツを作成するために、重要な心構えとはどんなものだろう?

コンテンツに対する考え方を深める

バイヤーが購買を決定する方向に導くためにコンテンツマーケティングが果たす重要な役割には、多くのマーケッターが気づいているはずだ。それは、コンテンツがブランドの認知度や信頼性を高め、セールスにつながる多くのリードを生むためだ。元GE Capital Retail BankのSynchrony Financialは、例年のMajor Purchase Shopper Studyを実施し、500ドル以上の買い物を計画している消費者の80%がオンラインでリサーチをすることが分かった。1年前より20%も上昇してじる。また、大きな買い物を計画する消費者がリサーチに費やす時間は、平均79日だという。

ブランドにとって決定的に必要なのが、リサーチ中にオーディエンスの検索にかかることだ、という事実が理解できるデータだろう。そのタイミングで消費者のニーズにマッチした情報を届けることで、バイヤーが購買を決める際、あなたのブランドが彼らの頭の中に、真っ先に浮かぶはずだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事