コンテンツマーケティングを失敗させる典型的なアプローチ

コンテンツマーケティング

最新B2Bリサーチによると、回答者の89%がコンテンツマーケティングを採用しているという。しかし、とても効率的なコンテンツマーケティング戦略ができていると回答したのはわずか5%に過ぎず、適度に、もしくは僅かな効果が得られたとの回答が64%を占めた。マーケッターにとって、コンテンツマーケティングを改善する余地が大きいのは明らかだ。コンテンツマーケティングを失敗させるのは、思ったより簡単だ。これから紹介する典型的な失敗するアプローチから、コンテンツマーケティングを成功させる方法を学んでみよう。

明確なゴールと目標を持たないコンテンツを発信する

特定のゴールに応じて効果を発揮する、さまざなまなタイプのコンテンツがある。そのため、コンテンツを作成する前には、必ずゴールを明確にすることが重要になる。コンバージョンがゴールの場合、見込み顧客をセールスファネルに導くコンテンツが必要になる。ファネルの各ステージでカスタマーの問題点を解決し、最終段階の購買に至るまでステップバイステップでサポートするのだ。

オーディエンスに対する理解不足

どのような刺激に反応するのかは、人によって異なる。コンテンツも同じで、どのコンテンツに反応するのかは人次第である。そのため、どのような人があなたのコンテンツに反応するのかを知ることは、成功するコンテンツ作成のために必ず必要になる。例えばオーディエンスのデモグラフィックス、興味の対象、問題点、コンテンツの消費方法、あなたから購買する理由など。オーディエンスの理解なしに、効果的にリーチするコンテンツを作成することは難しいのだ。

失敗から学ぶ重要さ

 失敗したコンテンツはきれいさっぱり片付け、何もなかったように振る舞いたい気持ちも理解できる。だが、失敗を恥じる必要はない。次に、同じ失敗を繰り返さないことが重要なのだ。なぜコンテンツが、オーディエンスに受け入れられなかったのか?オーディエンスの理解に失敗したのか?フォーマットの選択が間違いだったのか?タイトルがドライで、関連性を示すことができなかったのか?もしくは、単に興味を引くコンテンツではなかったのか?問題の原因分析し、同じ失敗を繰り返さないために覚えておくことだ。

 パフォーマンスの高いコンテンツも、成功の理由を知ることが重要だ。そして、失敗コンテンツと組み合わせることで、失敗要素を打ち消し新たなコンテンツを作成・発信するのが理想的コンテンツマーケティングだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事