ソーシャルメディアコンテンツにレトリックが重要な理由

コンテンツマーケティング

ソーシャルメディアでは、オーディエンスが手ぐすねを引いて良質なコンテンツを待っている。私たちのソーシャルメディアにおける活動とは、文字通りオーディエンスにコンテンツにつながった糸を引っ張ってもらうことを目的としている。その結果、コンテンツは強化され、メッセージが拡散する。しかし、オーディエンスが同意できないコンテンツをいくら発信しても、いずれ引っ張ってくれるオーディエンスはいなくなる。

 多くのマーケッターがオーディエンスへのリーチとエンゲージにフォーカスしているが、コンテンツに含まれるメッセージが、オーディエンスに共鳴しているかを気にかけるものは少ない。もちろん、オーディエンスを引きつけコンテンツへの同意を促し、次の行動を起こさせるよう説得力に長けた人たちもいる。このような説得のスキルは、2500年前の古代ギリシャの哲学者が、オーディエンスを説得する術として分析していたものだ。

現代にも通用するレトリック

ソクラテスが現代にいるとすれば、インターネットに不満を示すだろう。彼は書き言葉が記憶を破壊すると考えていた。皮肉ではあるが、弟子のプラトンがソクラテスとの対話を書き残したため、ソクラテスの思考を知ることができる。プラトンは師匠より新しいメディアにオープンで、書き言葉と話し言葉がピュアなロジックと真実を表すべきだと信じていた。欧米に最も影響を与えた哲学者のアリストテレスは、議論における最も重要なルールがレトリックだと考えていた。レトリックは巨大なトピックで、テクニックが記述されたドキュメントは大量にあるが、アリストテレスのレトリックは、現代のマーケッターがソーシャルメディアにおける成功や失敗の原因を明らかにするのを助ける。

 すべての問題が、データから読み解けるわけではない。あるメッセージはオーディエンスと共鳴するが、もう一方は反発が返ってくることもある。同じアイデアに基づいたキャンペーンでも、片方は成功しても、もう一方は失敗に終わるのは、何が原因なのだろうか?オーストラリアのある事例から紐解いてみたい。

タクシー産業VS Uber

2015年、オーストラリアのメルボルンで、タクシーの利用客がUberのサービスに流れるという事態が起こった。危機感を持ったVictorianタクシー協会は、PR代理店を使い、ソーシャルメディアでPRキャンペーンを展開した。YourTaxis.com.auのウェブサイトは2015年5月、ソーシャルメディアのハッシュタグ#Your Taxisキャンペーンとともに、タクシー体験のストーリーを募った。しかしオーディエンスがシェアする体験談は、失礼なタクシーや悪臭、暴力被害のネガティブな体験に集中したのだ。そしてタクシーシステムの非効率性や、顧客の不満やフィードバックを無視することに対する不満で溢れてしまった。

 ソーシャルメディアキャンペーンの戦術は、決して間違ったものではなかった。正しい場所で、正しいオーディエンスに対するコンテンツ発信ができていた。しかし、レトリックの観点に欠けていたと言わざるを得ない。アリストテレスがレトリックを詳述した『弁論術』では、単なる演説のテクニックではなく、オーディエンスを納得させる雄弁術、弁論術、雄弁術としてレトリックを説明する。重要なのは言葉を飾り立てることてはなく、オーディエンスのバックグラウンドを理解した上で、彼らの立場に立った言葉を発信することだと、古代ギリシャの偉人たちが教えてくれている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツマーケティングのおすすめ記事