インフルエンサーマーケティングが失敗する理由

ソーシャルメディア

ベストなインフルエンサーマーケティングキャンペーンでも、多くのチャレンジに直面する。マーケッターは、どのように困難に立ち向かうべきだろう?

数年前のコンテンツマーケティングは、ネット上の発言者すべての口が影響力を発揮していたが、2016年はインフルエンサーマーケティングが主流になった年だった。マーケッターがコンテンツクリエイターと協力することで、彼らが持つ巨大なソーシャルメディアのフォロワーという、今まで未開だったオーディエンスにブランドをプロモートできるようになったのだ。だがあなたが思うほど、計画通りに事は運ばない。例えベストだと思われる、周到な計画に基づいたインフルエンサーマーケティングキャンペーンでも、何かしらの問題は発生する。その問題のいくつかと、解決方法を紹介したい。

インフルエンサーの適任者が見つからない

ネット上には、数百万人のブロガーやコンテンツクリエイターがいるが、あなたのマーケティング戦略にフィットするインフルエンサーを発見するのは簡単ではない。地域が違えば独特な購買行動であったり、競合製品へのアクセスがまったくないという状況の違いもありえる。

 誰も完璧なツールを持たない。それぞれには特有の地理的、文化的事情があるからだ。それぞれの場面に応じて、さまざまなツールを使いこなすという意識を持つべきだろう。例えばTapInfluenceというサイトは、女性のスタイルやファッションに関する幅広いブロガーが登録する。また、Upfluenceのディスカバリーツール『Fa?ade』は、きめ細かなサーチクライテリアを備える。

契約に不満なインフルエンサー

インフルエンサーの中には、あなたの提示する条件の一部に不満を示す者もいる。彼らはガイドラインの制限内で仕事をすることに、不安を感じているのだ。契約条件の中でも、使用権など必ず必要なものと、タイムラインや支払いスケジュールなど、多少緩められるものがあることを確認しよう。インフルエンサーの不安を和らげる努力を示すことが重要である。以上のことは、問題が起きた場合に迅速に対応できるよう、契約前に明確にさせておこう。

インフルエンサー自身のボイスの代わりに、ブランドのメッセージを丸々残す

インフルエンサーのために準備した原稿を、ほとんどそのまま流用されてしまったらどうだろう。インフルエンサーのボイスが十分に反映されていなければ、効果的なコンテンツにはならないのでは?

インフルエンサーを選んだマーケッターには、明確なガイドラインを示す責任がある。すべてのステップを手取り足取り教える必要はないが、オリジナルのコンテンツを作成するように導かなければならない。そのために、あなたの要求レベルをストレートに伝えよう。

また、最初に製品に触れることで、体験をボイスとして表すのがより容易になることを覚えておこう。あなたの体験をインフルエンサーに伝えることで、彼らの主観性を阻害してしまう可能性がある。インフルエンサーに前情報なしに製品に触れてもらい、率直な意見を聞き出すことが重要だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアのおすすめ記事