SEOの専門知識を資産としてマネタイズしよう

SEO

利益のすべてがクライアントに流れるだけでは物足りない。あなたのSEOの知識を、資産形成に活かすことを考えてみてはいかがだろう?世界トップレベルのSEO実践者は、クライアントを裕福にするコンサルタントにとどまるべきではない。もしくは、既に彼らはクライアントから成功報酬を得る方法や、自分自身をクライアントとする方法を採用しているかもしれない。

もしロックスター並のSEO専門家に稼ぎ方について尋ねると、どのような回答が得られるだろう?アフィリエイト収入やインフォプロダクト販売、リードジェネレーション、またはいずれかのコンビネーションなどだろう。ひとつ確かなのは、SEOの専門知識を自分たちの稼ぐ方法として、有効活用していることだ。

クライアントを儲けさせる手伝いをする代わりに、時間を提供し報酬を得るコンサルタントは重労働の割に、収入の広がりがあまり期待できない。それとは対照的に、インカムを生む資産を形成してしまえば、寝ている間にも収入を生み出す。エネルギーや時間をかけることなく、価値を高めることもできる。子どもの頃から、資産形成のメリットを教育することをおすすめする。『金持ち父さん貧乏父さん』には、資産は毎月あなたのポケットにお金を運び、逆に責任は毎月ポケットからお金を奪う、との記述がある。

では、家を所有するとは、“資産”、“責任”のどちらに属するのだろう?一般的には責任になるだろう。だが、家を貸し出し、ローンより多くの家賃収入を得られれば、資産に変わる。

資産としてのウェブサイト

Eコマースサイトやコミュニティサイト、コンテンツサイトなどのウェブサイトは、パッシブインカムを生むという特徴がある。ウェブサイトの収入手段はさまざまで、相互排他性を持たない。あなたのEブックの販売だけでなく、第三者のデジタルグッズも取り扱える。例えばClick Bankで販促物のプロモーションも可能だ。また、デジタルグッズやハードグッズ以外にも稼ぐ方法はある。あなた自身でリードを作り、直接もしくは仲介業者を通じて販売もできる。最も簡単に取り組める方法が、GoogleのAdSenseの利用だ。

AdSenseをサポートするサイト運営で、ティーンの間にパッシブインカムを得て、教育費などの充足に活用したケースもある。ちなみにその彼女は、25歳になった今ではSEOのプロフェッショナルとして活躍している。長年蓄積したSEOの知識を資産として活用できていないとしたら、もったいない話である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SEOのおすすめ記事