スタートアップ企業にとって重要なGoogle AdWords

SEO

関連キーワード

Googleアドワーズ

ビジネスを立ち上げたばかりのスタートアップにとって、Google AdWordsはどのように活用すべきだろう?例えば共同ワークスペースや自宅オフィスでの起業家にとって、Google AdWords環境への参加はトラップのように感じるかもしれない。どのように始めるべきか、専属スタッフを置くべきか、疑問に思うことが次々と浮かんでくるはずだ。手探りで進めるうち、選択を間違ったと思い始めるだろう。初めてのビジネス広告の掲載は、とてもストレスフルな作業なのだ。だが着実に作業を進めることで成果が出始めれば、自然と自信もついてくるはずだ。

Google AdWordsの管理者は誰にすべきか

Googleは、ビジネスの大小に関わらず公平にキャンペーンを実施するために有効なツールを提供する。しかし、ユーザーの気づかないいくつかのニュアンスが存在するの事実だ。Google AdWordsを戦略的に運用できるまでには、初心者の場合数カ月は要する。そこで必要になるのが、Google AdWordsに関する業務の担当者だが、広告の専門家やMBAの取得者である必要はない。例えば心理学を学んだ人であれば人の行動を理解しているため、マーケティングの成功のためにユニークな手法を生み出せるかもしれない。どのような人物が向いているのか?例えばPPCマネージャーは分析力に長け、クリエイティブである必要がある。戦略を学びマスターし、実際の戦略に取り入れ、ビジネスの方向性を決定する重要な業務を担うためだ。Google AdWordsの管理者はマーケティングに関心が高く、現在の職務に従事しながらGoogle AdWordsの業務にも当たることができる人物が望ましい。カスタマーサービスやセールスなど普段から顧客に対応している職務や、数学やクリエイティブなライティングスキルを有している者が適しているだろう。

まず何をすべきか

SaaS企業などのスタートアップは、マーケティングオートメーションに取り組む傾向にある。ルールベースのワークフローが、リードからセールスまでの動きに対応するのは、今日のマーケッターにとって最も目標にすべきことになる。これは基本的に、広告の観点と同じであり、リマーケティングについての考え方にも通じる。

Googleのリマーケティングは、とても優れている。あなたはクリックに対してペイするだけで、リマーケティング広告を適したオーディエンスに表示させることができる。クリックはそれほど多く得られなくても、無料でインプレッションを与えられる。この手法はコスト効率が非常に高く、既にエンゲージしているカスタマーに対しても適度なリマインダーとなり、さらに次のステップへの足がかりにもなる。

そのため、Google AdWordsをこれから使おうとする人が最初にすべきことは、リマーケティングのセットアップになる。さらにデフォルトを All Usersオーディエンスにすることで、ウェブサイトの訪問者すべてのクッキーを取得できる。ビジターがどのページに興味を持つのかを分析することで、ウェブサイトの最適化に活かすことも可能になる。

マーケティング戦略を外部に完全に委託する必要はない。エージェンシーと共同で戦略を立案できる、インハウスの人員を確保することがとても大切だ。特にスタートアップ企業にとって、初期の段階でGoogleのリマーケティングなどを活用し、オーディエンスに存在を示すことが決定的に重要になる。ビジネスや製品のアピールだけでなく、成長エンジンとして広告を積極的に活用していきたい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOのおすすめ記事