ビジネスオーナーが恐れるSEOについての誤解

SEO

関連キーワード

SEOとはSEO対策

詐欺や評価の誤りなど、SEOにまつわるビジネスオーナーが抱く恐れにはさまざまな要因がある。だがそれらを乗り越えることで、SEOからは多くの得られるメリットがある。しかし、ビジネスオーナーにとってSEOとは、馴染みの薄いデジタルマーケティングだとの認識が根強い。そのため彼らは、SEOに対する不必要な恐れを抱くのかもしれない。だがよく調べると、SEOをマーケティング戦略から除外する正当な理由は見つからないはずだ。ではビジネスオーナがSEOに抱く、いくつかの恐れについてみていこう。

SEOとは複雑なもの

確かにSEOとは、単なる公園までの散歩とは違う。かといって、ロケットサイエンスという訳ではない。デジタルマーケティングは早いスピードで、常に実体を伴って進化している。効果的なマーケティング戦略が、次回も確実に成果を出すとは限らないのだ。そのあたりがSEOとは複雑なもの、との誤解を生む原因となっている。さらに、SEOに関しての誤情報が溢れていることも問題である。SEOの新規参入者にとって必要なのは、信頼できるブログなどでSEO情報を定期的にフォローし、正確な情報を入手することだ。

SEOは詐欺である

確かにオンライン上のデジタルマーケティングにおいては、SEOに不慣れなビジネスオーナーを狙う詐欺行為が横行している。成果を保証するとうたうSEOエージェンシーには、特に注意が必要だ。Googleは、定期的にアルゴリズムのアップデートを行っている。その中で、検索エンジン結果ページ(SERP)のトップを保証することは不可能である。SEOキャンペーンのために銀行強盗をする必要はないが、人生における楽しみと同様、SEOにはコストがかかる。リンクの獲得やキャンペーンの計画/実施において、短絡的な結果を求めすぎないことが重要である。SEOを実践する前に、自分でSEOについて学ぶ姿勢が大切だ。情報だけであれば、優れたものを無料で入手できる。

SEO専門家がビジネスを破壊する

確かに間違ったSEO戦略がウェブサイトのオーガニック検索に悪影響を与えることもあるが、それは盲目的なビジネスオーナーのあまにりも無謀な実践法によるもので、まれなケースである。SEOのスタートは小さな一歩から始めることが大切で、投資対効果(ROI)と相談しながらSEOエージェンシーとリレーションシップを構築するのも有効な手段だ。しっかりと下地を固めてから、徐々に歩幅を広げていけばよいだろう。

第一印象では、SEOとは登頂困難な山のように感じるかもしれない。だが避けていては大きなチャンスをみすみす逃してしまうことになる。俯瞰的にSEOを眺め、企業にとってどのようなメリットがあるのかを冷静に検討する必要がある。SEOの最も大きなメリットのひとつが、ライバルとの競争フィールドを均一化できるところだろう。スモールビジネスでも、大企業と戦える場がそこに生まれるのだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SEOのおすすめ記事