2017年注目を集めそうなスマートシティ向けIoTデバイス

IoT

関連キーワード

internet of thingsYoutube

スマートシティに不可欠なのが、パブリックセーフティとサービスの向上だ。それぞれの街にはそれぞれのニーズがある。例えばスマートな街灯や効率的なゴミ処理システム、または銃の発砲検知など物騒なものまである。目的は違えど、スマートシティに活用できそうなデバイスが続々と登場している。2016年に開発され、2017年にも重宝されそうないくつかのスマートシティ向けIoTデバイスを紹介する。

Bigbelly

 Bigbellyは米国の全50州、その他50カ国で採用されているスマートゴミ処理/リサイクルシステムだ。システムはソーラーパワーを備え、これまでのものより5倍の量を収納できるゴミ容器を提供する。またゴミが一杯になると、自動で処理施設に連絡する。このシステムの採用により、街のゴミ容器は70〜80%削減され美観が改善され、ネズミの個体数も減少したという。フィラデルフィア、サンディエゴ、ロサンゼルス、ニューヨーク、シカゴなどの大都市でBigbellyシステムは活躍している。

ShotSpotter

 米国の大都市で安全を脅かすのが、銃の発砲事件である。あまりに日常的に起きるので、発砲だけでは警察に報告されない場合もある。ShotSpotterのサウンドセンサーは、スタンドアローンで、もしくはスマート街灯に搭載でき、住民の関与なしで自動で発砲音を検知し、911コールをする。ソフトウェアは発砲数と発砲者数をカウントし、報告を受ける警察をサポートする。ShotSpotterは発砲場所を、半径約3メートル以内まで特定できる。GEグループのCurrentは、同社が提供する街灯デバイスにShotSpotterを組み込めるようセットアップしており、街灯とセットで容易に設置できる。

Digital kiosks

Digital kiosksは、近隣のレストランやショップ、イベント情報を提供する。またビジターにマップを提供し、スマートフォンと同期することで追加情報の入手も可能になる。ミズーリ州カンザスシティは約3.5キロ内に25個のDigital kiosksを設置しており、スマートシティテクノロジーのテストを実施している。同市はCiscoと共同で、スマートシティテクノロジーとDigital kiosksの導入を進めている。

Smart streetlights

LED街灯は、最も設置が簡単なスマートシティテクノロジーかもしれない。メリットのひとつが防犯対策だ。人が多い場所では自動でライティングを強め、いない場所では弱める。さらに設置してしまえば、寿命がくるまで電気代がいらないので、数年で設置コストの回収が可能になる。ロサンゼルスでは21万5000台のナトリウムランプ街灯の80%を5700万ドルのコストでLED街灯に変更することで、毎年約900万ドルの節約を実現している
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTのおすすめ記事