ハーバード大学のビジネスコースから学ぶCSV

CSV

関連キーワード

CSVとはYoutube

OnimpactsのLara Muller氏は、ハーバード大学ビジネススクールのエグゼクティブコースで、Michael Porter教授とMark Kramers教授のもと数年間学んだ。両教授とのCSVに関する議論は刺激的で、充実した体験になったという。その議論の要点を、ここで紹介したい。

CSVは今日の資本主義と同じ

CSVは、資本主義の新しい形ではないという。現在においても、資本主義モデルの改革や、健全な形への進化を求める議論は残るが、それはCSVが目的とするところとは違ってくる。CSVは現在の資本主義システムの中で機能する。最終的に利益を出すことが目的であるが、コアビジネスモデルのイノベーションによる利益確保というように、方法が変わってくる。

Porter氏がコースの最初に述べたのが、CSVとは社会を考慮したキャピタリズムであるということだ。またCSVとは価値を分配するのではなく、価値を高めるためのビジネスモデルのリデザインだという。そしてCSVは、次の3つの視点から語られる。
・企業のコストにつながる社会問題や環境へのインパクト
・企業の生産性を悪くするコミュニティの弱点
・マーケットの不均衡による社会的ニーズ

CSVと意識の高い資本主義、環境のサステナビリティにはオーバーラップする部分が少なくない。コンセプトがある場所で、製品やサービスが生まれる。例えば栄養を改善する製品は、意識の高い資本主義とCSVがオーバーラップする。一方で、エネルギー効率を高め、コスト削減につながる製品は、サステナビリティとCSVのコンセプトが重なる。だが、消費を制限することは、意識の高い資本主義だとされる。だがMuller氏は、それらの定義に疑問を持ったという。コンセプトから実践に移るとき、成功の可能性に大きな違いがあると考えたからだ。

議論の内容は、意味論だけにとどまらない。現実的に、資本主義システムのリフォームは、それ自体に高貴な熱望があるわけだが、近い将来、グローバルスケールで起こるとは考えにくい。確かなサインはみられるが、大多数の組織が現在の資本主義の元で運営されている。金融危機や経済悪化を経験したのが、ほんの数年前だというのに。確かに、資本主義のリフォームは時間がかかる。

さらにCSVはビジネスにイノベーションをもたらすが、資本主義の変革にまでは至らないだろう。だが現システムで限られた時間内に資本主義を改善しようとすると、今ある選択肢の中ではCSVがベストな方法だろう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CSVのおすすめ記事