著作権付き音楽を使用する際知っておくべきこと

動画

関連キーワード

Youtube動画投稿

クリエーターにとって、コンテンツの作成がメインの焦点になりつつある。そんな中、著作権で守られた音楽を使いたい場面も増えてきている。一般的にクリエーターは、3タイプのカテゴリーに分けられる。著作権付き音楽に精通しているタイプと、コンテンツに悪影響を与えない程度の著作権に関する知識を持つタイプ。そして、まったく著作権について無関心なタイプだ。

すべてのクリエーターが最初のタイプであることが理想だが、著作権に対する理解には人によって深さが違う。クリエーターがYouTubeのアップデートなどで、著作権付き音楽を使いたいときに尋ねる質問には、フェアユースや楽曲ライセンス、動画の削除についても含まれるだろう。今回の記事では、できるだけ音楽の著作権に関する疑問に答えていきたい。

なぜ他人の音楽を使用する際、許可が必要か?

動画で他人の音楽を使うときは、著作権の所有者からの許可が必要だ。無許可による楽曲の使用は違法になり、裁判で訴えられる可能性もある。許可を得ることは訴訟を避けるだけでなく、現在と未来の楽曲の使用のために必要なことなのだ。

許可を得るためにすべきこととは?

動画で他人の音楽を使う際に許可を得る方法としては、2通りのやり方がある。ひとつは音楽家に直接連絡を取り、許可を得る方法。連絡方法はEメールや手紙、電話などになる。音楽家が許可する場合、手書きやデジタル文書にてその折を使用者に伝える必要がある。もうひとつが、楽曲の使用ライセンス料を支払って、許可を得る方法だ。ロイヤリティや著作権フリーの音楽を提供するサイトで、数ドルから数十ドルの手数料で許可を得られる。

許可を得たにも関わらず削除やブロックされるのはなぜ?

楽曲使用の正式な使用許可を得ると、著作権所有者はContentIDを変えるか新たに登録する。しかし、音楽家がレーベルと契約をすることで、楽曲の著作権がレーベル下にあるケースもある。そのようなケースに対処するため、楽曲の使用許可は文書で交わす必要がある。クレームが発生したときに、証明書として文書を提出するのだ。

YouTubeが削除要求者に動画の削除を許すのはなぜ?

YouTubeは動画削除の要求者の依頼を受け、動画を削除することができる。楽曲の使用許可を持つことを証明する責任はYouTubeではなく、動画の投稿者にある。削除要求に対抗することで、動画を復活させることができる。

YouTube向け限定の動画なのに、音楽の使用ライセンスは本当に必要か?

必ず必要だ。YouTubeはTV、映画、ラジオなどのメディアと変わらないと認識する必要がある。あなたは動画を作成・投稿し、オーディエンスの視聴を目的に公に公開していることを意識しよう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

動画のおすすめ記事