ウェブサイトのロゴデザインの効果を高める方法

ブランディング

ウェブサイトをデザインするとき、どんな産業においても期待されていることがある。当然、その期待に応える必要がある。デザインのすべてのフォームについてもそうであるが、特に期待されているのがロゴデザインについてである。

企業のウェブサイトを訪問すると、大概企業のロゴデザインを目にすることができる。通常、ページの左上に配置されたロゴは、トップページへリンクされている。一般的にロゴとは、企業やブランドのアイデアやメッセージを強化する意味合いがある。では、ロゴに関しては世界中でスタンダードと期待が固定化される中、革新的なロゴを作るためにはどのような考え方が必要になるだろう?

ロゴによるブランドの強化はマスト

まず、ロゴはあなたのブランドのアイデンティティであることを認識しよう。そしてロゴはブランドのプライドのバッジであり、組織の基本的な存在意義を強化するものでもある。その意味からも、組織に革新をもたらすプラットフォームになり得る。かといって組織内だけのロゴではなく、外部の人が持つ期待にも応えるようなロゴにしなければならない。

ロゴは、ブランドのコンテンツやサポートに含まれる同じアイデアを踏襲する必要がある。また、会社名をロゴデザインに取り入れるのもメジャーな手法だ。ロゴから会社名を認知させることで、ブランドのアイデンティティの強化につながる。ロゴにはブランドを強化するという、初歩的な目的があり、ブランドのロゴとして成功させるためには大きな苦労が伴う。そこで、見込み顧客から注目を集めるような、クリエイティブで遊び心のあるひとつのロゴの使い方を紹介したい

意表を突くリンク戦略

サイトのフローをデザインする際、デザイナーは必ずホームページの帰り道を準備する必要がある。ナビゲーションの”ホーム”ボタンの代わりに、ロゴはホームページへの入り口だと昔から認識されてきた。これがスタンダードだが、必ずしもベストな方法だと決める必要はない。論理的に、あなたが望む場所にリンクをしてもいいはずである。ロゴのイノベーションの観点から、ロゴのリンクにはさまざまな可能性が隠されているのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランディングのおすすめ記事