パーソナルブランディングをマスターする方法

ブランディング

あなたのすべてがそうであるように、あなたのパーソナルブランドはユニークだ。ブランドとしてあなたが誰であるかを反映するために、イメージとチューニングをコントロールできていれば望ましい。ブランディングとは、あなたが誰であり、どこにいて、どこに行こうとしているのかをオーディエンスに伝える行為のことだからだ。さらに、あなたの価値や信念、タレント性、アイデアなどが正しく伝われば完璧だ。

Likeable Localの創設者でCEOのDave Kerpen氏は、大学生の時代から自分のパーソナルブランドを構築してきた。その途上で、ユニークなセールス戦略で認識されるまでになったのだ。そして2006年の”スポンサー付きウェディング”で、メディアにも注目されるようになった。

Kerpen氏と花嫁のCarrieさんは愛と、野球への情熱を分かち合い、セールスとマーケティングのスキルで、ブルックリン・サイクローンズの試合後に行われたウェディングの資金10万ドルを企業に助成させたのだ。出資した企業は、Entenmann’s、1-800-Flowers、Smirnoffなどで、ウェディングがリレーションシップを強固にし、キャリアとしてのスタートと同時に、パーソナルブランドの確立に成功した。Kerpen氏のパーソナルブランディングの秘密を学び、パーソナルでプロフェッショナルなアイデンティティを形成し、あなたの周りでバズを起こす方法を紹介する。

ライバル競争で優位に立つブランド

Kerpen氏の言うように、仕事の移り変わりは早いが、パーソナルブランドは一生続くものだ。パーソナルブランディングが強力なペルソナが育つのを助け、ライバルひしめくマーケットの中で優位に立つことができる。「第一に、何よりも先にパーソナルブランドと目的にフォーカスしよう」とKerpen氏はいう。「それから目的とブランドのために、何を売るか、または開発するのかを考えよう」とパーソナルブランドの重要性を強調する。

ミッションステートメントであなたが誰なのかを定義する

ベストなパーソナルブランドは、他の人とあなたとを関連付けるディスクリプションを設置する。ミッションステートメントを決定し、人々が即座にあなたの価値と信念を理解できるようなブランド構築をしよう。

「もしミッションステートメントがキリストの祈りより長い場合は、短くすべきだ」とKerpen氏はLinkedInで述べた。バンパーのステッカーになるような、短くインパクトのあるものがよい。Zapposの、”デリバリング・ハピネス(幸せ運び)”はよい例だ。

過去のあなたが現在の成功につながったことを強調する

私たちの誰もが、始まった場所で終わることはない。これまでのキャリアや興味などが、あなたの道を作り、進んできたはずである。あなたが誰であるのかを発信するために、あなたの言葉であなたが辿ってきた道を説明しよう。

Kerpen氏の言うように、ブランディングの物語は、あなたのキャリアにおける成長を説明することになる。大事なのは、過去のあなたの経験が、今のあなたの価値になっていることにフォーカスすることだ。物語は過去から現在まで一貫性をもって語られるべきで、今のあなたのダイナミックなタレント性を、どのように形成してきたのかを発信しよう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランディングのおすすめ記事