パーソナルブランドを構築する非伝統的な方法

ブランディング

「出掛けてネットワークイベントに参加しよう」や「自分らしく」、なんてアドバイスは意味がないだろう。しかし、そのようなものを含むさまざまなアドバイスが、繰り返し語られてきた。では実際にパーソナルブランドを構築するために役に立つアドバイスとは、どんなものだろう?

より、実践可能なものがいいはずだ。より目立ちたければ、標準的な手法を壊すくらいの意気込みが必要になる。そこで、非伝統的なパーソナルブランディングにはどのようなものがあるのかをみていこう。

参考にしたいインフルエンサーを探し、関係性を構築する

自分の目標になるようなインフルエンサーを見つけ直接コンタクトをとり、関係性の構築に努めよう。”ネットワーキング”な関係性で満足するのではなく、真のフレンドシップにつながるハイレベルなリレーションシップが理想だ。特に、あなたと同じ分野のインフルエンサーの友だちがひとりだけでもいるのでは、100人の知り合いがいるよりインパクトが大きい。

ひとつのマーケティングチャンネルにフォーカスし高評価の獲得に執着する

エキスパートがよく言うのは、いくつかのチャンネルを活用したコンテンツプロモーション戦略の重要性である。そのアドバイスは間違いではないが、不足しているところもある。

チャンネルにおいて、オーディエンスがコンテンツを消費し、チャンネルにおけるエンゲージメントとプロダクションの価値のマスターとなる過程をみてみよう。そして、Gary Vaynerchuk氏が動画にフォーカスし、ファミリーのワインライブラリービジネスの成長させていることを考えてみよう。

AmazonのCEO、Jeff Bezos氏は、その答えとなるようなアドバイスをしている。”企業のブランドは、人の評判のようなものだ。きつい仕事をうまくこなすことでしか、自分の評判は高められない”と。

自信をつける

これは昔から変わらないやり方だが、今でも有効で重要である。自信があればこそ、パーソナルブランドを成長させるために未開の川を越え新たなことにでもトライできる。日々チャレンジを見つけ、自信を持つ訓練をしてみよう。快適ゾーンから勇気をもって出ることが、新たな可能性を切り開く。

ここで紹介したものを、すべて採用する必要はない。自分に合いそうなものを選び、自分なりのアプローチに工夫することで、あなたやオーディエンスにとって心地よいセルフブランディングが実践できるはずだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランディングのおすすめ記事