人気を集めるYouTube動画の作り方

動画

 YouTube動画の公開は、あなたの考えや創作意欲を世界中のオーディエンスに広められる有効な方法だ。今回の記事では、人気を集めるYouTube動画を作成する方法を紹介する。ぜひ、あなたのアイデアを世界中に広めてほしい。

1. 撮影機器を選ぶ

モビリティの観点からは、スマートフォンがベストな選択だ。まず、持ち運びが楽で簡単に撮影でき、十分な記憶容量を備える。そして、オーディオとビジュアルの品質はフルサイズのカメラほど良くはないが、外部機器を接続することで補うことが可能だ。

2. 動画の内容を考える

 まず、YouTube向けの人気フォーマットを参考にしよう。YouTubeには、人気を集めやすいタイプの動画が存在するのだ。

・ビデオブログ、もしくはVlogs。投稿者のアイデアを定期的に配信する動画。10分程度の長さが一般的で、ウェブカムでの撮影が便利だ。

・ビデオクリップや音楽を組み合わせたイメージ動画。会話は含まず、スライドショーと同じような位置づけになる。

・ペットの動画は常に人気が高い。スマートフォンやカムコーダーなど、ハンドヘルドのデバイスでの撮影が一般的。ただ撮影するだけでなく、ペットにある行動をさせる動画が特に人気が高い。

・商品やサービスを体験した個人の感想を伝えるレビュー。ウィットに富んだ表現で楽しく説明する動画に注目が集まる傾向にある。

・コメディ動画シリーズ。個人や友だちと組んで芸を披露する動画で、例えばふざけたダンスや物まねなどがある。

 多くのオーディエンスが、面白い動画を観たいためにYouTubeを利用している。自分が視聴者だったら、どのような動画が観たいかという観点からアイデアを出そう。

3. 撮影をする

 動画のアイデアが決まれば、撮影に必要な準備を整え撮影を開始しよう。撮影は通常、複数回行うことになる。ほとんどのタイプの動画は、すべてがうまく撮影できるまで“テイク”を繰り返す。または、パートごとに撮影を分割し、編集で自然につなぎ合わせるというテクニックもある。アップを計画している動画より長めの撮影を試みよう。不要な部分は後から編集で取り除けば良いだろう。最初から時間にこだわり過ぎる必要はない。出来れば自然光の照明を利用しよう。その方が、視聴者にとって鮮明に内容が分かる高品質な動画になる。夜間の撮影の場合は、最小限の照明で十分だ。撮影デバイスの高度化で、素人でもプロ並みの撮影ができるようになった。

動画作成の敷居はこれまでにないレベルまで下がっている。ぜひ、多くの人にチャレンジしてほしい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

動画のおすすめ記事