カテゴリー

商品に与えるブランディングの影響を具体例から探る

ブランディング

関連キーワード

ブランディングを行うにあたり、具体的にどのような実務が発生するのか、実際に商品を挙げ、コンテンツ提供価値とリレーション提供価値を上げていくための活動について説明して行きましょう。商品は化粧品、ここでは高級スキンクリームと仮定します。すでにクリームの効能やパッケージデザインなどの商品提供価値は備わっているという前提で解説を進めていきます。

コンテンツ提供価値のための活動としては、まず発売当初、開発時に苦悩したドラマを含むエピソードなど「人に話したくなる」ものを打ち出して行くという方法があります。ここから既存ブランドとして顧客が定着してくる段階になれば、“ブランディングの原石”、つまり顧客側から商品の思わぬ使い方を紹介したブログが登場し、それを支持する人々が現れるかもしれません。これがコンテンツ提供価値となり得るのであればどうやってサポートしていくかを活動案としてまとめることができるでしょう。

リレーション提供価値のための活動

では次にリレーション提供価値のための活動を考えて行きましょう。ネット通販を行っていれば会員制サイトを立ち上げるのが一般的でしょう。そのほか、一例として「美肌キャンペーン」などと銘をうったイベントを立ち上げ、継続利用と改善効果を自慢できる場を創出する方法も考えられるでしょう。このキャンペーンが定着すれば、ユニークな体験レポートといった企業側がコントロールできないものに価値を見いだすのが今日のブランディングの特徴でもあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事