カテゴリー

ネットメディアが台頭する現代のブランディングとは

ブランディング

関連キーワード

ブランディングはネットメディア(多くの人がリソースをかけずに情報を発信・受信できる媒体)が台頭するようになって大きく変化しました。これまでマス・マーケティング(対象を特定せず、すべての消費者に向けて行うマーケティング戦略/活動)の延長線上にあったブランディングは、マス・メディアの弱体化によって変わることを余儀なくされたのです。

企業側、消費者側双方のコミュニケーション

マス・マーケティングの時代は、企業と消費者が商品で交わるというシンプルな図式でした。これがネットメディアが台頭するようになると、企業側、消費者側双方のコミュニケーション自由度が増して直接、企業と消費者が交わる新たな領域が生まれました。
企業と消費者側のコミニュケーションの自由度を高めたのは、企業サイトなどの自社メディアや消費者が立ち上げたサイトで、これまでの図式ではなかった企業と消費者が対等なフィールドで行うコミニュケーション領域も新たに加わりました。

「ブランドとは何か」について考える
専門サービス企業向けのブランディング戦略
ネットメディアが台頭する現代のブランディングとは
顧客満足を極大化させながら収益に貢献するブランディングとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事