信頼性の高いコンテンツでコミュニティをリードする

コンテンツマーケティング

関連キーワード

一晩でソートリーダーになれないし、ソートリーダーと認識される企業はほんのひと握りしかいないだろう。
特定の産業やマーケットセグメントのリソース発信源になるためには、不断の努力が必要とされる。

誰もが羨むソートリーダーになる最も一般的な方法は、ターゲットオーディエンスの信頼を勝ち取る具体的なマーケティング戦略を練るところから始まる。
と言っても、雲をつかむような話に聞こえるだろう。
ではどのようにして信頼を得るのか、具体的に確認していこう。

見栄をはらない

オンラインコミュニティの運営で必要なのは、人々をあなたのサイトを訪問させることではなく、人々をコミュニティに留まらせ、再び戻らせることである。
もしあなたのサイトを訪問した瞬間、ブランディング、広告、プロモーションの連続攻撃を受けるとしたら、コミュニティがどうこう言う以前の問題である。

コミュニティのコアとなるのが、質の高いコンテンツである。
人々があなたについて知りたければ、あなたの会社のウェブサイトを訪問する。
あなたのオンラインコミュニティに人々を惹きつけたければ、彼らが興味を持つコンテンツを提供することがすべてである。
そしてコミュニティの参加者に感謝の気持ちを伝えるため調査やアンケートを実施し、彼らの要望をコンテンツに反映させよう。

有益なコンテンツをオープンに開示する

それぞれのオンラインコミュニティにはそれぞれの目的があり、多くの管理者が特定コンテンツの閲覧前に、サインアップを求めている。
知的財産を保護したい気持ちは理解できるが、コミュニティの発展とのバランスも考慮すべきではないだろうか。

信頼を得るためには、コンテンツは無償で提供されるべきだ。
例えばケーススタディ、動画、eBook、データシート、記事、ディスカッションなど。
オープンにコンテンツを閲覧できなければ、せっかくコミュニティを訪問してくれた人が他のコミュニティに移ってしまうだろう。

コンテンツでオーディエンスを育てる

オーディエンスを育てるコンテンツの提供は、信頼を得るためのパワフルな手段である。
例えば定期的にニュースレターを発信することで、コミュニティのコンテンツを豊かなものにし、訪問者はコミュニティに参加することで教育的効果を得られるだろう。

インターネットの世界で最も重要な要素が、オープンであることだ。
インターネットに秘匿性はもはや存在しない。コンテンツが多ければ多いほど、良い悪いの評価はあるだろうが、あなたについて人々は語り合う。
あなたが会話を主導し、コミュニティを育て、人々が望む情報を分かりやすく発信できたとき、ソートリーダーとしての立場を獲得できるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事

5つの実践可能な効率的コンテンツマーケティング戦術とは

5つの実践可能な効率的コンテンツマーケティング戦術とは

コンテンツマーケティング

大まかに言ってしまえばコンテンツマーケッターの大きな役割とは、B2Bマーケッターのサポートである。
具外的にサポートの中身とはリードジェネレーション、リードを真の顧客にコンバートすること、ブランドの価値や認識、そして評判を高めることである。
これだけの仕事を実践するために必要なものといえば何か?そう、コンテンツマーケティングである。
あるリサーチでは45.3%のマーケッターが、コンテンツマーケティングの予算増額を検討しているという。

コンテンツマーケティングへのシフトは、ウェブベースの情報を参考に購買を決定している見込み客が増えていることを表している。
そしてコンテンツマーケティングの実践は、伝統的なマーケティングよりコスト効果が高いと言える。
しかし現状では、ほとんどのB2Bマーケッターがコンテンツの作成と発信に割ける予算は、マーケティング予算全体の3割以下でしかないのだ。
利用するチャネルやコスト効果の高さに鑑みて、低いと言わざるを得ない。

そしてB2Bマーケッターの7割が、コンテンツの作成時間を確保するのに苦労しているとの調査結果がある。
しかしこれは実は大きな問題ではないのだ。
正しいコンテンツの作成プロセスを採用することで、作成時間は大幅に削減できるからだ。

これから優れたコンテンツを効率的に生み出す、5つの方法を確認していこう。

1.コンテンツマーケティング機能を組織化する

まず組織内のコンテンツマーケティングを統括するエディターを決定する。
エディターは、ターゲットとする市場のニーズを満たすコンテンツを作成するためのプロセスにおいて責任を負う。
組織化することで、それぞれが効率的に役割を担うことができる。
更に組織化により、メディアカンパニーとしての機能を持ち、迅速なニーズの把握とコンテンツ作成が可能となるだろう。

2.組織全体でコンテンツ作成に努める

限りあるマーケティング予算では、組織内でコンテンツをまかなう必要がある。
例えば製品開発やカスタマーサービスのエキスパートは、有益なコンテンツのヒントになる情報を大量に保有している。
つまり商品開発、製造、管理業務に関わるすべての社員が、コンテンツのライティングや提案に関わらなければならないのだ。

3. 組織を超えたサポートを得る

組織外の人でも、コンテンツとして使える情報を持っている。
サプライヤーや販売業者、顧客なども情報提供してくれるリソースと考えてみよう。
しかし外部情報を扱う際は組織のコントロールが効かない場合があるので、料金が発生するなど難しい部分があることは理解しておこう。

4.さまざまなコンテンツフォーマットを使う

人によって情報収集の方法は違う。
そのため情報発信にはさまざまなメディアを利用し、出来るだけ多くのターゲットオーディエンスにコンテンツを届けなければならない。
例えば動画や写真、オーディオ、プレゼンなど。
テキストベースのコンテンツにインタビュー動画や音声を追加するのも良いだろう。

5.コンテンツの質を保つ

コンテンツとブランドの一貫性を保つために、適度なコンテンツの質を保証するリソースを確保する必要がある。
例えば文法や単語の使用法の間違いがないかチェックするコピーエディターや、ユニークなデザインで注目を集めるグラフィックデザイナーなどである。
リソースは組織内で確保できない場合は、アウトソースを利用してもよいだろう。

当然の話ではあるが、ビジネスの目的を達成するためにコンテンツマーケティングが不可欠であるのなら、そのためのサポートは得なければならない。
そして部署の壁にとらわれない、コンテンツプランを立てる必要がある。
適切な情報を集めるために、コンテンツ作成をすべての社員で担うのだ。
以上紹介したことを行うことで、効率的、効果的なコンテンツマーケティングが実践できるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事