カテゴリー

マーケッターがコンテンツ配信の新たな担い手に

コンテンツマーケティング

関連キーワード

誰も未来を予言することはできないが、予測する知識はある。 B2Bマーケッターが将来、コンテンツのプロバイダーになるだろうと予測した。 よると多くの企業が資金源をもっており、それは既存のメディアに不足している部分である。
そして顧客を支援するため有益なコンテンツを提供することは、コーポレートマーケティングの目的と合致することになるらしい。

“同氏の予測は私の事業の利害にまで踏み込む恐れがあり、間違いであって欲しい。しかし正直に話すと、 企業のマーケッターはコンテンツ開発に投資をすべきであるとの指摘は、正しいと信じる。

“顧客は既存のマーケティングメッセージに不満をもち始めている。 有益なコンテンツを定期的に届けることが顧客との関係を構築、または再構築するためには最良の方法なのではなかろうか。

テクノロジー恐怖症コンテンツマーケッターのための情報ツール

コンテンツマーケッターにとって重要なのは、人と対峙する姿勢である。人々に問題解決につながる、価値のあるコンテンツを作成・発信するのが主な仕事だ。コンテンツマーケティングとは、その行為に尽きると言っても過言ではない。しかし、コンテンツマーケティングのプロセスにおけるひとつの問題が、人々と関係性を築き、サポートするにはコストがかかることだ。

さらに調査によると、B2Bマーケティングにおける組織の成熟度について、ビジネスへの正確な評価ができているとして”洗練されている”と答えたのがわずか6%だった。前回の調査では、コンテンツの作成に次いで、コンテンツの効果の評価がマーケッターにとって難しいチャレンジだとの回答が多かった。

このようにコスト以外にも、”評価”が問題のキーワードとして聞こえてくる。マーケッターは評価の何を問題にしているのだろう?それは、マーケッターの多くがテクノロジーに苦手意識を抱いていることに起因する。例えばマーケッターにとって、Googleアナリティクスのような評価ツールの活用は欠かせない。しかし、馴染みのある評価ツールを超える、複数のソースのデータを組み合わせる情報ツールの活用となると一気に気が重くなる。追い打ちをかけるように、データアレルギーを持つクライアントやチームメンバーとの共同作業も待っている。

一方でForbesが提供する蓄積データによると、データの活用を中心に据えるマーケティングにより、ライバルと差を付ける成果を出せることが明らかになっている。その活用範囲は、リードジェネレーション、顧客の獲得・維持、価格戦略、製品改良などと広い。もはや苦手だからといって、避け続けられる状況ではなくなってきているのだ。そこで、テクノロジーの苦手意識を乗り越えるための情報ツールをいくつか紹介したい。

Sisense

特にビッグデータなど、データの統合には欠かせない2つの要素を抽出することでマーケティングに活用できるツールだ。そのひとつが、何が起きているのかを示すカスタムダッシュボード、そしてもうひとつがビジュアル化したデータだ。それらデータにより、数値と決定のギャップを大幅に埋めることができる。Sisenseは技能の成熟度に関わらず誰にでも使えるツールで、セットアッププロセスにおける新規ユーザーと、既存のすべてのデータソースをひとつのインターフェースに統合する。さらに、ダッシュボードをエグゼクティブ、マーケッター、Eコマースマネージャー向けなどにパーソナル化することも可能だ。

Cyfe

Sisenseと比較しCyfeはとてもシンプルで、中小企業向けにDIYソリューションを提供する。Cyfeの特徴であるデュアルフォーカスと適度なプライスは、パワー不足を意味しない。前もって組み込まれたメジャーなデータ収集アプリケーションウィジェットを追加することで、オールインワンのダッシュボードを作成できる。また、新たなZapier integration機能により、インテグレーションの最大のセレクションを提供する。

データ分析によるマーケティングが、多くのライバルから抜け出す有効な手段であることは真実である。それを実現する近道が、自分のニーズにフィットする情報ツールを見つけることである。まずはトライしてみて慣れることだ。テクノロジーを恐れる必要はない

初心者マーケッター向けコンテンツ戦略スターターキット

初心者マーケッター向けコンテンツ戦略スターターキット

「コンテンツをもっと戦略的に作りたいけど、今のプロジェクトでは十分な時間がない」。こんな言い訳を聞いたことがあるのではないだろうか?代理店、もしくはブランド内で働くマーケッターに関わらず、コンテンツ戦略の書き出しは、時間があればするものとして扱われているのが一般的だ。しかし高品質コンテンツの作成を目指すのであれば、そのようなマインドセットは決して受け入れるべきではない。コンテンツを作るための選択は戦略的に行われるべきであり、そのためにはツールの活用も必要になる。現在、入手可能な戦略的ツールはオンラインに豊富にある。Meghan Casey氏は著書『The Content Strategy Toolkit』で、たくさんのツールを紹介している。

だが、マーケッターとして日の浅い初心者にとって、戦略的ツールとは何かを理解するのは難しいだろう。初心者がマーケティング戦略に取り入れるべき”スターターキット”として、大きく以下の3つに分類できる。

1.メッセージアーキテクチャ
2.コンテンツインベントリーとオーディット
3.コンテンツブリーフ

その中でも特に重要性の高い、メッセージアーキテクチャについて説明したい。

メッセージアーキテクチャの開発

メッセージアーキテクチャの開発は、コンテンツマーケティングロードマップの第一歩として、とても重要な工程になる。この工程で優先すべきポイントは、すべてのブランドチャンネルを通じて、同じメッセージを発信することだ。メッセージアーキテクチャはブランドのボイスとガイドラインを超えた、実現すべきユーザー体験のすべてを提供する。また単に発する言葉や文章だけでなく、ブランドのコアが何かを表す態度や表現もメッセージに含まれる。

メッセージアーキテクチャ作成のアプローチは、ビジネス中心のベン図から、情報アーキテクチャの実践による適用などさまざまである。また、Margot Bloomstein氏の著書『Content Strategy at Work』で説明される75から125の形容詞を使った、カードソート手法などがある。

他にも、ブランドのステークホルダー総意による、メッセージアーキテクチャの作成方法もある。まず、セールスやUX(ユーザー体験)のオペレーション担当、カスタマーサポート担当者など、ブランドの関係者たちををひとつの部屋に集める。それぞれの見方からブランドメッセージについて議論し、ブランドの特性で優先すべきものは何かなどについて話し合う。そして、キーワードとして持ち上がった単語をひとつのメッセージとして完成させる。そのメッセージを全社で共有し、コンテンツ戦略の決定のガイドラインとして使うようにする。

メッセージアーキテクチャの開発は、サイトの見直しやマーケティング戦略の立案段階で行うのが理想だ。さらに、将来の方向性に迷ったときのガイドとしても非常に役に立つツールにもなる。マーケティングからセールス、デザイン担当者、エンジニアなど、あらゆる職種においてブランドのメッセージを共有することは、同じゴールに向かうために特に必要なことなのだ。

初心者マーケッター向けコンテンツ戦略スターターキット

初心者マーケッター向けコンテンツ戦略スターターキット

「コンテンツをもっと戦略的に作りたいけど、今のプロジェクトでは十分な時間がない」。こんな言い訳を聞いたことがあるのではないだろうか?代理店、もしくはブランド内で働くマーケッターに関わらず、コンテンツ戦略の書き出しは、時間があればするものとして扱われているのが一般的だ。しかし高品質コンテンツの作成を目指すのであれば、そのようなマインドセットは決して受け入れるべきではない。コンテンツを作るための選択は戦略的に行われるべきであり、そのためにはツールの活用も必要になる。現在、入手可能な戦略的ツールはオンラインに豊富にある。Meghan Casey氏は著書『The Content Strategy Toolkit』で、たくさんのツールを紹介している。

だが、マーケッターとして日の浅い初心者にとって、戦略的ツールとは何かを理解するのは難しいだろう。初心者がマーケティング戦略に取り入れるべき”スターターキット”として、大きく以下の3つに分類できる。

1.メッセージアーキテクチャ
2.コンテンツインベントリーとオーディット
3.コンテンツブリーフ

その中でも特に重要性の高い、メッセージアーキテクチャについて説明したい。

メッセージアーキテクチャの開発

メッセージアーキテクチャの開発は、コンテンツマーケティングロードマップの第一歩として、とても重要な工程になる。この工程で優先すべきポイントは、すべてのブランドチャンネルを通じて、同じメッセージを発信することだ。メッセージアーキテクチャはブランドのボイスとガイドラインを超えた、実現すべきユーザー体験のすべてを提供する。また単に発する言葉や文章だけでなく、ブランドのコアが何かを表す態度や表現もメッセージに含まれる。

メッセージアーキテクチャ作成のアプローチは、ビジネス中心のベン図から、情報アーキテクチャの実践による適用などさまざまである。また、Margot Bloomstein氏の著書『Content Strategy at Work』で説明される75から125の形容詞を使った、カードソート手法などがある。

他にも、ブランドのステークホルダー総意による、メッセージアーキテクチャの作成方法もある。まず、セールスやUX(ユーザー体験)のオペレーション担当、カスタマーサポート担当者など、ブランドの関係者たちををひとつの部屋に集める。それぞれの見方からブランドメッセージについて議論し、ブランドの特性で優先すべきものは何かなどについて話し合う。そして、キーワードとして持ち上がった単語をひとつのメッセージとして完成させる。そのメッセージを全社で共有し、コンテンツ戦略の決定のガイドラインとして使うようにする。

メッセージアーキテクチャの開発は、サイトの見直しやマーケティング戦略の立案段階で行うのが理想だ。さらに、将来の方向性に迷ったときのガイドとしても非常に役に立つツールにもなる。マーケティングからセールス、デザイン担当者、エンジニアなど、あらゆる職種においてブランドのメッセージを共有することは、同じゴールに向かうために特に必要なことなのだ。

マーケッターが知っておくべきFacebookとYouTubeに訪れる変化とは

マーケッターが知っておくべきFacebookとYouTubeに訪れる変化とは

2017年2月、FacebookとYouTubeはビデオ広告フォーマットの変化についてアナウンスをした。

確かにエンジニアという職種は物事を変えたがるものだが、どちらのビデオプラットフォームも、2017年末か来年の変更を予定しているため、今すぐにどのような対応をとるべきかまでは分からない。

一方でビデオマーケッターは変化を嫌う。だが、このような先を見据えた発表に対し、誰が不満を言えるだろうか。

Facebookビデオを視聴する新たな方法

 2017年2月、Facebookは4つの新しいFacebookビデオの視聴方法を発表した。

最大の変化は、ニュースフィードに表示されるビデオの音声追加だ。
これまではニュースフィードのビデオは、ユーザーがタップするまで音声は流れなかった。

しかし、Snapchatビデオをスマートフォンで視聴する若者が増えており、デバイスの音声がオンになっているときは音声が流れることを期待している、ということが調査で明らかになった。

Snapchatをフォローする形でFacebookは、ニュースフィードの音声テストを実施した結果ポジティブなフィードバックが多かったため、新プラットフォームの採用を決定したという。

 新プラットフォームの運用が始まれば、ユーザーがニュースフィード内の動画をスクロールすることで、次々と表示ビデオに応じた音声がフェードイン・アウトするようになる。スマートフォンがサイレントモードになっていれば音声は流れない。また、設定でこの機能を無効にできる。

 またFacebookは、モバイルデバイスでのバーチカルなビデオ視聴の改良も発表した。視聴中のビデオを最小化し、ニュースフィードで別のストーリーを見ながら、スクリーンのコーナーでビデオをプレイできるPiP機能を追加する。さらにTV向けのアプリも発表されたが、大ニュースになるほどのインパクトはなかった。

YouTubeは30秒スキップ不可広告を終了

 一方でGoogleは2月17日、英国でキャンペーンの公式発表をした。2018年、YouTubeは30秒のスキップ不可広告を終了するという。

Googleのスポークスマンは「ユーザーと広告主にとってメリットのあるフォーマットの作成にフォーカスする」と発言した。

現在30秒のスキップ不可広告は、広告主に人気が高い。
だが7年前にTrueViewビデオ広告で可能だった、見たい広告を選択できる機能を求めるユーザーには歓迎されていない。

このサービスを活用していた広告主は、2018年までに計画の変更が必要になるだろう。

20秒スポットを含む30秒未満の広告をスキップ不可にすることは可能だというが、YouTubeは、2016年4月に導入した6秒のスキップ不可広告フォーマットを強く推奨している。

 YouTubeが未来の変化を早く知らせるということは、設立12周年のビデオシェアリングサイトの成熟を意味する。

ビデオマーケッターはこの変化から、ユーザーが求めているものを実現するYouTubeと、広告主が求めているものを実現するFacebookの対比に気づくべきだろう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事