コンテンツSEOとは

コンテンツマーケティング

競合性が低く、検索数の多いキーワード

競合性の高いキーワードでSEO対策を行うと、莫大な費用がかかり、かつ金の切れ目が順位の切れ目となります。それなりの金額でSEOを行うと検索エンジンの上位に上げるのはなかなか難しく、時間もかかり、徒労に終わる可能性もあります。
競合性が低く、検索数の多いキーワードを探し出して、そのキーワードでヒットする特集をどんどん作ることで、ユーザーが流入するきっかけになるキーワードが増えて間口が広がり、サイトの訪問者が増えていきます。かつ、良質なwebコンテンツをグーグルが検索結果の上位に上げます。コンテンツSEOは競合性の低いキーワードでのSEO対策ですので、低価格かつ対策終了後も順位を維持し続けるので、これらのコンテンツは御社の資産となります。

コンテンツSEOのメリット
* 製品やサービスに対して興味のある潜在客にリーチ出来る
* 知識の提供を通じて潜在客を見込客へ育成する
* 検索トラフィックを呼び込み続ける
* ソーシャルメディアにリンク、シェアされナチュラルリンクが増え続ける
* コンテンツページが蓄積され、サイトパワーになる
* 専門性の高い知識で、読者の信頼性を高める

インバウンドマーケティングとは
コンテンツSEOとは
コンテンツSEOで失敗しないために大切なこと
コンテンツマーケティングとは

SEOコンテンツの作り方

SEOを重視したコンテンツを作る際にはGoogleなどが用意しているサイト制作者向けのツールを利用することが重要です。

ツールでは主にサイトへのアクセス者の情報がまとめられています。その中で特に重要なのがキーワードです。このキーワードは実際に利用者が使ったものであり、サイトへ来訪するきっかけとなっています。SEOではキーワード選定が重要になりますが、もともと用意しているキーワードとの違いを確認することが重要であり、サイトの作り方を根本的に変える必要があることもあります。

コンテンツ重視型のサイトであってもSEOの知識はとても重要です。むやみやたらとサイトを作っても想定している利用者が来訪してくれるとは限りません。
多くの場合、想定していない方々となることが多いです。

そこで想定している利用者が使いやすいそうなキーワードを探すことが重要です。そのためにはGoogleが広告主向けに用意しているツールを利用します。このツールはキーワードによって広告の価格が分かるだけではなく、キーワードの価値が分かります。目的とする利用者が使うと想定したキーワードの価値を図りつつ、競争相手の少なく、クリック率の高いキーワードをコンテンツに取り込むことで利用者を限定した上でアクセス数をあげることができます

コンテンツSEOで失敗しないために大切なこと

検索エンジンに検索してもらうためにページを最適化する試みがSEOですが、検索エンジンに検索してもらうためには方法があります。

検索エンジンはHTMLで書かれた内容のみを評価

その方法を用いずにいたずらにSEO対策を試みても何の意味もありません。

SEOではHTML言語によるWebページの作成技術が必要です。なぜなら検索エンジンはHTMLで書かれた内容のみを評価するからです。ページ内のHTMLで書かれた部分以外はどんなに内容が良くてもSEOとしては失敗に終わります。

クロール最適化やインデックス最適化などの対策を行えば後はコンテンツSEO対策の問題となります。

コンテンツの充実が必須

中身すなわちコンテンツは宣伝文句や自社製品のことではなく、ユーザーが知りたい情報のことです。ユーザーが知りたい情報をコンテンツとしてページ上にUPすることがSEOの上で最も大切なことです。

自社がアピールしたい製品やその情報はユーザーが知りたい情報ではない場合がほとんどです。宣伝や販売促進とSEO対策は切り離して考える必要があります。

現代はWeb社会でマーケティングの主力はWebとなっています。SEO対策なしにその後のマーケティング展開はありません。
何よりも自社のページにユーザーを引き付けるためにコンテンツの充実によるコンテンツSEO対策を行うことが必要です。
ユーザーのためのコンテンツ作りが求められます。

インバウンドマーケティングとは
コンテンツSEOとは
コンテンツSEOで失敗しないために大切なこと
コンテンツマーケティングとは

人と検索エンジンの反応を計算した、SEO対策コンテンツを作成しよう

ウェブコンテンツとSEOは切っても切れない関係であるが、優れたウェブコンテンツの作成とSEO戦略が常に両立するとは限らない。

ウェブサイトのコンテンツは、人と検索エンジンの2つを対象に作らなければならない。

もちろんマーケッターの呼びかけに応えるのはターゲットユーザーである人であるが、検索エンジンの役割を無視するわけにはいかない。

人のためか検索エンジンのためか、コンテンツのバランスをどのように保てばよいのだろう?

まず検索エンジンのためのコンテンツとはなにかを考えてみよう。

検索エンジンが実際にコンテンツの何を見ているのかは、ブラウザーの「ソースの表示」を確認することで分かる。ソースを良く観察すれば、サーチエンジンがあなたのウェブページをどのように解釈しているのかが分かるのだ。検索エンジンはウェブサイトを視覚的に判断している訳ではない。

検索エンジン向けのコンテンツを作るために最初に行うこととは、コードの前半部100行以内にコンテンツを収めることだ。もし大量のコードがコンテンツの前に存在するのであれば、深刻なハンディキャップを抱えることになる。

次に、コンテンツの各ページに明確でユニークなテーマを与えること。検索エンジンは各ページのメインテーマを、3ワードのフレーズで認識する。もし歯科矯正器具を販売する会社Henry Johnson LLCであれば、ホームページのテーマは会社名の”Henry Johnson LLC”ではなく、”歯科矯正器具”の方がよい。検索エンジンで不特定多数から検索される可能性が高いからだ。

各ウェブページに以下の要素を加えてみよう。

・“歯科矯正器具”のような、独立したテーマの目立つタイトルタグ。
・メインテーマをサポートするH1とH2タグ。
・メインテーマのキーワード出現率を5%に。
・メインテーマのページから関連ページにハイパーリンクを貼る。
・ユーザーが確認できるURLにメインのキーワードを含める。

以上の提案はSEO101ガイドラインである。SEOコンテンツ戦略のための、より高度なガイドラインは以下の通りだ。

・この記事のように、ブログのゲストとして他のサイトに関連コンテンツを投稿することによりフットプリントの幅を広げる。他のサイトがリンクを貼りたくなるようなコンテンツを作る。

・あなたが属するインダストリーについてブログを書く。マーケティング部以外の社員によるブログがお勧めである。その場合は楽しい内容で、頻繁に更新した方がよい。また社内ブロガーは多ければ多いほどよい。

・関連ブログの記事には、知的なコメントを残す。あなたのウェブのリンクを貼ってくれるブログもあるだろう。

・ツイッター用のスタッフを雇い、よいコンテンツがあればリンクを貼る。いくつかのコンテンツは自分自身のものでもよいが、他のコンテンツも混ぜる。

・自分以外のコンテンツだけでなく、他社のコンテンツもよいものであればアピールする。他の関連コンテンツにリンクを貼ることで、他の良質な関連コンテンツのシェアを丹念に行っていることを検索エンジンに示す。

・Slideshare.netにパワーポイントのプレゼンテーションをアップし、あなたのウェブサイトのリンクを貼る。

・あなたのLinkedInプロファイルから、企業名ではなくキーワードを利用しリンクを貼る。

・動画を作成し、検索エンジンの最適化をする。動画は検索エンジンのインデックス化ができる優れたコンテンツだ。

・写真をソーシャルウェブサイトに投稿し、あなたのウェブサイトにリンクを貼る。

・コンテンツを増やすだけの目的のために、ウェブサイトに新しいセクションを作る。SEO対策のためのコンテンツである。このセクションは、フッターやヘッダーからのリンクやサイトマップへの登録がある場合は、メニューに含まなくても良い。またこのセクションには、各250ワード以上のユニークなコンテンツページを集めると良い。

・人を対象としたサイトマップと、検索エンジンを対象としたXMLサイトマップがあることを確認する。

人を対象としたコンテンツ作成とはどんなものか。

ウェブサイトの訪問者がコンテンツを効率的に消化できるように、流れるようなコンテンツのウェブページを作成しよう。記事の文字数は約500ワード以上にしない。訪問者が他のページを開きたくなるような工夫をすることで、彼らを真の顧客に変えることができる。

別のアプローチとして長文のコンテンツを作成し、最後に行動を起こさせる工夫をすればよいという考えは間違えである。閲覧者はコンテンツが多すぎるとざっと眺めるだけで、内容を十分に把握することはないだろう。長文のものは複数のページに分割し、最大500ワードとガイドラインを定める。

メインテーマであるキーフレーズから、あなたのホームページへリンクさせる。これは人と検索エンジン、両方のために行う。検索エンジンでメインテーマを検索した結果が、あなたのホームページへのリンクであれば、それだけでホームページが権威付けされる。そして訪問者はあなたのウェブサイトのメインテーマが、例えば”歯科矯正器具”であるとの認識を強くするだろう。

要するにSEOを考慮したコンテンツの作成は、インターネットマーケティング戦略において非常に重要な役割をもつ。人と検索エンジンの二者を対象にコンテンツを作成することを覚えておいて欲しい。それを成功させるためには、ここに紹介したガイドラインをバランスよく実践することが必要である。

SEOがコンテンツマーケティングをサポートする理由

コンテンツマーケティングとSEOのシナジー効果が、カスタマーにとってベストなウェブサイトを生み出す。

会議の場やEメールで、SEOに関するアドバイスをよく求められる。彼らの疑問の多くが、”コンテンツマーケティングにおけるSEOの役割”についてである。その答えはいつも決まっている。それは、”コンテンツチームを強化するツールとして、SEOを認識する必要がある”ということだ。さらに、”成功のために、SEOチームとコンテンツマーケティングチームはどのように協力すべきか”との質問が続く。では少し具体的に、その回答を述べたいと思う。

SEOとコンテンツチームは早めに協力すべき

SEO担当者はコンテンツマーケティングプロセスの初期段階で、コンテンツチームに参加すべきだ。SEOは、キーワードやフレーズのコントロールだけにとどまらない。また、効果的なコンテンツマーケティングとは、記事やハイボリュームのキーワードに関するコンテンツの作成だけに限らないのだ。

キーワード分析は、カスタマーの理解を目的に活用すべきである。ゴールはあくまで、個々のレベルでカスタマーのニーズや好み、抱えている問題や心配事を知ることである。例えば、”偏平足向けのベストなランニングシューズ”の検索で、ランキング上位を確保したいとシューズ製造業者は考えるはずだ。それら検索キーワードに最適化したコンテンツを量産するより、その検索ワードが何を意味するのかを調査すべきである。

検索者が本当に探しているものは?

そのアイテムを入手することで、どのような問題を解決できるのか?検索者が明らかにしようとしている状況とニーズは何か?このような疑問を突き詰めることで、検索ワードの裏に隠れる本当の目的を明らかにし、コンテンツを作成することでソリューションを提供できる。その結果、ブランドに対する興味を持ち、エンゲージにつながるだろう。その段階まで到達すれば、後は売り上げに至るはずである。

このように、SEOの典型的な手法であるキーワードの最適化を活用することで、カスタマーの本当のニーズをつかむことができる。この作業に慣れてしまえば、検索キーワードからユーザーの意図を読み取り、そのソリューションとしてのコンテンツ作成・提供が可能になる。さらにロングテールキーワードからは、より詳細な情報を取得でき、ニーズを満たすと同時に関連度の高い価値のあるコンテンツの提供につながるのだ。

SEO対策はまずコンテンツの強化から

BtoB Magazineに最近掲載された記事、“KnowledgeStorm/MarketingSherpa SEO Behavior Studyの要約”から学んだことについて述べたい。結論として、サーチエンジン最適化(Search Engine Optimization SEO)とサーチエンジンマーケティング(Search Engine Marketing SEM)を効率的に行うにためには、コンテンツが最も重要であり、サーチエンジンのアルゴリズムをいくら研究したとしても無駄である。以下にその理由を述べる。

・ 関連するコンテンツがなければ、サーチエンジンに拾われる可能性が少ない。
・そもそも優れたコンテンツなしで、あなたのサイトを訪れたユーザーは何ができるのか?サイトへの訪問は100段あるステップのうちの1段目であり、2段目としてユーザーからあなたや製品に興味をもたせる“何か”を引き出すために、価値のあるコンテンツを提供しなければならない。

アルゴリズムの一部としてメタタグやキーワードを検索するサーチエンジンは減少しつつある、より重視されているのが、それが関連性をもち、更新されているコンテンツであるかどうかである。業界紙のウェブサイトが常に検索上位をキープしているのは何故か?そう、コンテンツのためである。SEO対策を始めるにあたり、あなたがマーケッターとして同じ(少なくとも似たようなタイプの)コンテンツを作れない理由は無いはずである。実際に業界で起きていることは、まさにこのことなのだから。

何をおいてもこれだけは行っておきたい最強の効果をもたらすSEO対策

ホームページをより多くの人に見てもらうために、最も簡単に行え、かつ最強の効果をもたらすSEO対策のひとつがタイトルにキーワードを含めることです。これは基本中の基本で、まずは行っておかなければいけないこと。
ページタイトルはHTMLファイルのhead(ヘッド)タグ内のtitle〜titleで囲まれる文字列です。ページタイトルは、ブラウザのタイトルバーとTABに表示され、また「お気に入り」に登録した際のタイトルとしても扱われます。さらに重要なことは、Yahoo!やGoogleの検索結果のタイトルに表示されることです。

ページタイトルにそのページのテーマを示す最も重要なキーワードを入れるのは必須

そのページのテーマを示す最も重要な箇所であり、検索エンジンはページタイトルのキーワードを最優先させて判断を行います。ここに上位表示させたい最適なキーワードを含めることが必須となります。
ある調査ではYahoo!、Google検索結果ページ1000URLのうち、1〜100位の実に9割のページタイトルに、検索したキーワードが含まれていることが分かっています。これは逆に言えば、タイトルに検索キーワードが含まれていないサイトは、検索結果から高い割合で排除されてしまう可能性を示しています。

SEO対策における必ずクリアしておきたい重要なポイント

次に実践の手順とポイントをご説明します。
・タイトルに含めるキーワードを決める
そのページにとって、もっとも最適なキーワードをしっかり検討しましょう。社名やブランド名、商品名、サービス名は必ず含めるようにします。その際、サイト全体を表すキーワードは、サイト内のどのページにも含めます。さらに下位ページのタイトルには、そのキーワードとページを著すキーワードを含めるようにします。
・全角32文字でキーワードを1〜2回含むタイトルを作成する
これはGoogleの検索結果に表示されるタイトルの最大文字数が全角32文字だからです。(Yahoo!は33〜36文字)
一例を示すとこんな感じになります。
「ダイエット食品をお求めなら、田中ダイエットショップへ」
これで26文字です。複数回キーワードを含めるというのは案外難しいものです。
・人が見たときに不自然でないか、魅力的であるかをチェック
実際に読んでみて魅力的かどうかというのは重要な要素となります。というのも検索してタイトルを見たときに、知名度、ブランドが同じくらいのとき、ただの文字の羅列よりもタイトルの魅力的なほうをクリックする確率が高くなります。SEOが広まるとともにキーワード羅列式のタイトルが増えていますが、最終的な部分はあくまで生きたユーザーによる判断に委ねられます。人が見たときに魅力的なタイトルを目指しましょう。
このように3つの基本ポイントを押さえてタイトルを考案するところからSEOは始まっているのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事