コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング

潜在的な顧客が望む情報を与え続けること

まだ日本では耳慣れない言葉だが、アメリカで10年ほど前から研究されている新しいマーケティングコミュニケーションの方法だ。ある意味、これまでの消費者とメディアとのつながり方を大きく変えてしまうものとも言える。

消費者のメディアとの関わり方が大きく変化した昨今では、マス広告を中心としたマーケティングの効果がどんどん薄くなってきている。テレビ、雑誌、新聞、パソコン、スマートフォン、タブレット端末などとコミュニケーションツールが増えて、消費者が目にするものが多様化したためだ。以前のように、確実に広く宣伝できる方法がなくなり、何を基準に、どこに広告を出せば効果が出るのか分かりにくくなっている。

そんな市場に呼応するように登場してきたのが「コンテンツマーケティング」という考え方。つまり、潜在的な顧客が望む情報を与え続けることで、顧客と関わりを持ち、最終的に購買に結びつけるマーケティングだ。大切なのは仕組みやメディアではなく、コンテンツにあるという考え方で、そのためにはオウンドメディアを充実させることが肝要。  具体的には、その会社だからこそ持っている知識や情報を発信することで、多くの顧客を継続的に呼び込んでいくものと言えるだろう。

インバウンドマーケティングとは
コンテンツSEOとは
コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングについて押さえておきたいこと

コンテンツマーケティング戦略は単独では成り立たない。あくまで企業戦略の一部であるべきである。理想的には、企業のビジョンや目的を達成するための戦略プラン作成における過程で取り入れたい。つまりコンテンツマーケティング戦略は、企業戦略を補完するものである。

コンテンツマーケティングとは特定のツールを活用し、戦略的に運営目的を達成することである。例えば、同等の商品を異なった価格帯をもつマーケットセグメントで販売する場合、コンテンツマーケティングが利用できる。つまり商品を変えることなく、巧妙に商品に対する認識を変えることができる。

企業や商品、サービスに関する適切なコンテンツマーケティング戦略を立てるためには、無数の決定や取引を経なければならない。混沌のなかにも秩序がある。例えば製品戦略、市場性、バリュープロボジションを考慮した結果、独自のコンテンツマーケティング戦略が生まれるのである。少なくとも、そうあるべきだ。

重要なポイント: 1.コンテンツマーケティングは企業組織としての目的に基づくべきであり、また顧客の要求に応えるものでなければならない。 2.各企業のブランドや製品ラインは、それぞれ独自のコンテンツマーケティング戦略を確立する必要がある。 3.各企業のブランドコンテンツマーケティングは、各顧客層に合わせた独自のものであるべきである。各顧客グループはそれぞれ必要とする情報ニーズを持っているので、各企業はそれに合わせた情報や製品を提供する戦略を立案しなければならない。

購買意欲を掻き立てる有益なコンテンツの作成のためには、綿密な計画と投資が必要である。そして効果的なコンテンツの作成は、テレビのスポットCMや広告を作るより多くの挑戦を要するが、そのようなコンテンツの効果はより長く持続する。

企業はそのことに気付き始めているが、数あるコンテンツのなかで顧客の気を引くコンテンツを作成するのはやはり難しいのが現状だ。顧客へのコンテンツ提供がより簡単だった時代に懐旧の念を持たないではないが、コンテンツマーケティングの未来を信じなければならない。顧客がそれを望む限りは。

コンテンツマーケティングの価値を伝える方法とは

効果的なコンテンツを提供できていると感じるマーケッターと、できていないと感じるマーケッターの間に、どのような違いがあるのか調査を行った。

最も顕著な違いが見られるのは、マーケッターの上司をどれだけコンテンツマーケティングに巻き込めているかどうかだ。当然効果的なコンテンツを提供できていると感じるマーケッターは、上司の協力を得ることができている。それがうまくできていないマーケッターは、コンテンツマーケティングの効果を実感できていないのが実情だ。

それではマーケッターが上司やマーケティングチームに、コンテンツマーケティングの価値を説明するにはどうしたらよいのだろう?そこでプロのマーケッターたちに、助言を求めた。 伝統的なマーケティングに慣れ親しんだ上司たちに、コンテンツマーケティングの価値を説明する方法を伝授してもらおう。

コンテンツマーケティングとは、見込み客のニーズを把握することである。保守的な上司でも、この概念には反対しないだろう。しかし実際に必要なのは、苦労の末結果を示すことである。コンテンツマーケティングキャンペーンと、これまでの商品主体のキャンペーンとを比較したデータを提示しよう。

‐Doug Kessler(@dougkessler)

何よりもマーケッターが望むのは、顧客との良好な関係構築である。伝統的なマーケティングでは、顧客との関係は主に一方的だった。その場合顧客の声が聞こえないので、売上げ結果でしかマーケティングの効果を判断できなかった。コンテンツマーケティングの最大のメリットは、顧客と双方向の関係を築けることである。ブランドは様々なチャネルを通じて顧客と繋がることができ、ビジネスチャンスが広がる。投資コストも伝統的なマーケティングより軽微である。

‐Ahave Leibtag(@ahaval)

コンテンツマーケティングの価値は、顧客と企業の関係構築が可能なところだ。伝統的なマーケティングは見込み客に対し叫ぶだけだったが、コンテンツマーケティングは彼らと意見を交換するところに違いがある。本質的にコンテンツマーケティングは顧客との会話を通じ、良好な関係を築くことを目的としている。それにより企業は売上をアップし、良好なブランドイメージを確立できる。

‐Amanda Maksymiw(@amandamaksymiw)

伝統的なマーケティングは、燃費の悪いガソリン車みたいなものだ。それに対しコンテンツマーケティングは、ハイブリッド車だろう。コンテンツマーケティングの方が、効率的なのは明らかである。顧客の声に真摯に耳を傾け、顧客の立場にたったビジネスを展開することで、成功の道が見えるだろう。 顧客の声を無視するようであれば、ガソリン車に逆戻りである。

‐Katie McCaskey(@KatieMcCaskey)

マネージメントを説得する場合、コンテンツマーケティングの導入効果にフォーカスした方が良いだろう。ビジネスの理論や哲学に興味を示さないマネージャーもいる。彼らにはコンテンツマーケティングがどれだけ顧客獲得に役立つか説明し、成功例を提示しよう。

‐Sarah Mitchell(@globalcopywrite)

マーケティングチームの上司たちには、実例を示して説得するのが効果的だ。マーケティングコンテンツをすべてプリントアウトし、会議室の机の上に並べてみよう。カタログやニュースレター、広告なども一緒だ。そしてこう尋ねる。「これらコンテンツは顧客の知りたい情報だろうか、それとも我々の商品やサービスの自慢だろうか?」。そしてコンテンツマーケティングの必要性と、効果を説明するのだ。

‐Joe Pulizzi(@juntajoe)

コンテンツマーケティングを行うことで、ライバルに差を付け、オンライン社会で信頼性を高めることができる。顧客にとって有益なコンテンツを提供できれば、彼らと長期的に良好な関係を築くことができるだろう。

‐Elise Redlin-Cook(@redlincook)

伝統的なマーケティングの目的は、ブランドの周知であった。それに対しコンテンツマーケティングは、ブログや動画なのどのオンラインコンテンツを通じ、ブランドがユーザーの生活で実際にどのように役に立つかを伝えるものである。

‐Lisa Petrilli(@LisaPetrilli)

伝統的なマーケティングと現在のコンテンツマーケティングには、それぞれの役割がある。コンテンツマーケティングの利点は、低コストでコンテンツを作成し、ウェブで配信できることである。コンテンツが浸透してしまえば、伝統的なマーケティングで対応することで、より大きな成果を得られるだろう。

‐Nate Riggs(@nateriggs)

伝統的なマーケティングはプッシュ型、アウトバウンド的な手法に頼っていた。つまり、ユーザーに一方的にメッセージを配信していた。インターネットが発達した今日では、バイヤーの情報収集が容易になり、不要なメッセージを無視することが可能になった。コンテンツマーケティングで有益な情報を配信できれば、ユーザーから信頼を得ることができ、長期的に良好な関係を築けるだろう。

‐Stephanie Tilton(@stephanietilton)

伝統的なマーケティング思考から離れられない人には、伝統的な議論で説得を試みよう。つまりコンテンツマーケティングの利点、コストや効果、成功例を提示するのだ。

‐Jennifer Watson(@ContextComm)

かつてほど、伝統的なマーケティング手法が通用しなくなったことに気付かせる必要がある。だからといって、これまでのやり方をすべて手放す必要はない。コンテンツマーケティングと伝統的なマーケティング手法を組み合わせることで、大きな成果を得られるだろう。

‐CB Whittemore(@cbwhittemore)

コンテンツマーケティングの最大の利点は、時空を超えたマーケティング手法であることだ。ユーザーが求める有益な情報を提供できれば、場所や時間の制約を受けることなく、ユーザーと繋がることができる。

‐Debbie Williams(@sproutcontent)


役に立つ方法が見つかっただろうか?このように伝統的なマーケティングと、コンテンツマーケティングの違いを説明する方法はいくつかある。マネージメントチームが何を求めているのかを探り、最も適切な方法で説得を試みよう。

シンプルさを追求したコンテンツマーケティングとは

レオナルド・ダ・ヴィンチの格言に「シンプルさは究極の洗練である」というものがある。
哲学的になる必要はないが、ダ・ヴィンチはシンプルさとは単に物を取り除くことではないと考えていたのではないだろうか。
シンプルさが意味するのはその言葉とは対照的に、私たちのオンラインマーケティングやコンテンツマーケティングのアクセス性や利便性、効率性を高め、マーケティングの目的を達成してくれるものだと考えている。

私が好むのはシンプルで丁寧、説得力がありながら関心事に関連性の高いコンテンツである。
しかし大量の検索結果やデータ、そしてそれらの分析方法のアドバイスなどに溢れたオンラインの世界は複雑だ。
そこで私がこの記事で主張したいのは、「コンテンツマーケティングやオンラインマーケティングは一般的に複雑で入り組んだものだとされているが、決してそうなる必要はない」ということである。

では何がコンテンツマーケティングを複雑にしているのか、そして私たちの正気を保つために、それらをどのようにシンプル化していけばいいのかを説明しよう。

複雑さの要因その1:安易に取り入れる多くのオプション

「新しいソーシャルメディアは試したかい?近々大きくなる可能性があるらしいから、我々の戦略に加えてみよう」。
顧客との戦略会議でよく交わされる会話である。

オンラインマーケティングやソーシャルメディアのツールは数多く存在するが、私たちが扱える数には限度がある。
新たなツールの効果をテストするのは、1人のマーケッターにとって一日仕事である。
安易に何でもかんでも取り入れていては、管理不能になるのは当たり前である。

ではどのようにシンプル化すべきなのか?
「コンテンツをばらまく場所は限りなくあるが、私たちがすべきは魚が泳ぐ、または泳ぐ可能性のある池を見つけることだ」。
顧客は私たちが思うほど、新たなツールに飛びついてこない。
まず顧客が求めるものを調査し、発信していくことから始めよう。最初は小さくてもいい。
顧客が確実に求めに応じて、徐々にコンテンツの幅を広げていけばいいのだ。

複雑さの要因その2:多様化する顧客の要望

通常私たち企業の顧客は、彼らが所属するインダストリーや求める商品、サービスなどの違いなどから、10以上に分類される。
当然提供するコンテンツも10以上必要となるため、複雑化してしまう。
それらすべての顧客のニーズ、要求に応え、問題解決できるコンテンツを作成すると考えるだけでも嫌気がさしてしまうだろう。

ではどのようにシンプル化すればよいのか?
まず顧客の分類に関わらず、大部分の顧客が関心を持つだろうと思われるコンテンツを提供しよう。
更に10以上の分類をある共通項に基づいて、まとめていくのだ。
例えばソートリーダーと意見交換し、購買を決定したいと考えている顧客をひとまとめに捉え、彼らにはソートリーダーにフォーカスしたコンテンツ戦略を立てる。それ以外にも共通のニーズ、要求、問題をもつ顧客をまとめることも可能だろう。

レオナルド・ダ・ヴィンチがもし、現在のマーケッターだったらこう言うのではないか。
「コンテンツマーケティングは人々がそれを消費したときだけ、その価値を発揮する」。
コンテンツを複雑にするのも、シンプルにするのも我々次第である。
どのようなコンテンツを人々が求めているのか、もう一度考え直してみよう。

メディア大手7社のコンテンツマーケティング戦略

我々は気付かないところで、コンテンツマーケティングの“見えない力”に動かされている。私たちを取り巻くその力に気付いたとき、コンテンツマーケティングのパワフルさに改めて驚かされるだろう。私の言葉だけでは信じられないかもしれないので、信頼性の高いソースである、米国公共放送PBSの「フロントライン(Frontline)」の力を借りて説明してみよう。

マーチャント・オブ・クール

2001年2月27日放送のフロントラインのエピソード”マーチャント・オブ・クール”では、長年に渡り我々消費者の行動を誘導している力とは何かを明らかにしている。

番組では企業がフォーカスグループを活用していることや、街で何が流行っているのかを発掘するために、協力会社に最大2万ドルを支払っている場面が登場する。そしてその行動の理由を、トレンドを素早くつかむことで商品のプロモーションや販売に活かしたいからだと説明する。

更に番組では、若者文化商業のほとんどを担う巨大メデイア企業7社を取り上げている。その7社、真のマーチャント・オブ・クールとは、ニューズ・コーポレーション、ディズニー、バイアコム、ユニバーサル・ヴィヴェンディ、ALO/タイム・ワーナー、ベルテルスマン、ソニーだという。

イリノイ大学のRobert McChesney教授によると、ミュージックカンパニーの8割を有する一部の巨大複合エンターテインメント企業が、アメリカの音楽関連セールスの9割を売り上げている。
更にそのコングロマリットがほぼすべてのフィルムスタジオ、大手TVネットワーク、TV局など、10の巨大マーケットを形成しているという。

それら企業は収益源として特に若者をターゲットとしており、商品は映画、音楽、本、CD、インターネットアクセス、衣服、アミューズメントパーク、スポーツチームなど多岐に渡る、と同教授は語る。

バイアコムを例に、どのような戦略が繰り広げられているのか見てみよう。

驚異のコンテンツマーケティングの浸透パワー

バイアコムはHoward Stern氏のタレント性と彼が発信するコンテンツを、次の通りフルに活用している。

  • Stern氏のラジオ番組は、バイアコムの50のInfinityラジオ局で放送。(オーディオコンテンツ)
  • Stern氏のテレビ番組は、バイアコムが有するCBSで毎週放送。(ビデオコンテンツ)
  • Simon and Schusterが出版したStern氏の自叙伝はベストセラー。当然その出版社はバイアコムが所有。(プリントコンテンツ)
  • Stern氏の本をベースにしたパラマウントピクチャーズの映画が、米国国内で4000万ドルを稼ぐ。パラマウントピクチャーズを保有するのは?当然バイアコム。(ビデオコンテンツ)
  • 映画のビデオリリースで、Blockbuster Videoが数100万ドルを稼ぐ。Blockbuster Videoを所有するのは、当然バイアコムである。
  • このようにどこにでも現れるStern氏は、この時代を代表する人物であるかのようである。
    しかしその演出が、ひとつの複合企業によってなされているのに驚かされる。
    私が“見えない力”、と表現したのが理解していただけただろうか。

    大まかに言ってしまえばコンテンツマーケッターの大きな役割とは、B2Bマーケッターのサポートである。
    具外的にサポートの中身とはリードジェネレーション、リードを真の顧客にコンバートすること、ブランドの価値や認識、そして評判を高めることである。
    これだけの仕事を実践するために必要なものといえば何か?そう、コンテンツマーケティングである。
    あるリサーチでは45.3%のマーケッターが、コンテンツマーケティングの予算増額を検討しているという。

    コンテンツマーケティングへのシフトは、ウェブベースの情報を参考に購買を決定している見込み客が増えていることを表している。
    そしてコンテンツマーケティングの実践は、伝統的なマーケティングよりコスト効果が高いと言える。
    しかし現状では、ほとんどのB2Bマーケッターがコンテンツの作成と発信に割ける予算は、マーケティング予算全体の3割以下でしかないのだ。
    利用するチャネルやコスト効果の高さに鑑みて、低いと言わざるを得ない。

    そしてB2Bマーケッターの7割が、コンテンツの作成時間を確保するのに苦労しているとの調査結果がある。
    しかしこれは実は大きな問題ではないのだ。
    正しいコンテンツの作成プロセスを採用することで、作成時間は大幅に削減できるからだ。

    これから優れたコンテンツを効率的に生み出す、5つの方法を確認していこう。

    1.コンテンツマーケティング機能を組織化する

    まず組織内のコンテンツマーケティングを統括するエディターを決定する。
    エディターは、ターゲットとする市場のニーズを満たすコンテンツを作成するためのプロセスにおいて責任を負う。
    組織化することで、それぞれが効率的に役割を担うことができる。
    更に組織化により、メディアカンパニーとしての機能を持ち、迅速なニーズの把握とコンテンツ作成が可能となるだろう。

    2.組織全体でコンテンツ作成に努める

    限りあるマーケティング予算では、組織内でコンテンツをまかなう必要がある。
    例えば製品開発やカスタマーサービスのエキスパートは、有益なコンテンツのヒントになる情報を大量に保有している。
    つまり商品開発、製造、管理業務に関わるすべての社員が、コンテンツのライティングや提案に関わらなければならないのだ。

    3. 組織を超えたサポートを得る

    組織外の人でも、コンテンツとして使える情報を持っている。
    サプライヤーや販売業者、顧客なども情報提供してくれるリソースと考えてみよう。
    しかし外部情報を扱う際は組織のコントロールが効かない場合があるので、料金が発生するなど難しい部分があることは理解しておこう。

    4.さまざまなコンテンツフォーマットを使う

    人によって情報収集の方法は違う。
    そのため情報発信にはさまざまなメディアを利用し、出来るだけ多くのターゲットオーディエンスにコンテンツを届けなければならない。
    例えば動画や写真、オーディオ、プレゼンなど。
    テキストベースのコンテンツにインタビュー動画や音声を追加するのも良いだろう。

    5.コンテンツの質を保つ

    コンテンツとブランドの一貫性を保つために、適度なコンテンツの質を保証するリソースを確保する必要がある。
    例えば文法や単語の使用法の間違いがないかチェックするコピーエディターや、ユニークなデザインで注目を集めるグラフィックデザイナーなどである。
    リソースは組織内で確保できない場合は、アウトソースを利用してもよいだろう。

    当然の話ではあるが、ビジネスの目的を達成するためにコンテンツマーケティングが不可欠であるのなら、そのためのサポートは得なければならない。
    そして部署の壁にとらわれない、コンテンツプランを立てる必要がある。
    適切な情報を集めるために、コンテンツ作成をすべての社員で担うのだ。
    以上紹介したことを行うことで、効率的、効果的なコンテンツマーケティングが実践できるだろう。

    あなたの会社のマーケティング部でも、次のような状況を経験したことはないだろうか?誰がどのコンテンツの責任者か誰も把握しておらず、会社の目標に対するコンテンツが整理されていない状況を。恐らく部署間やチーム間では不信感が渦巻き、目的を失った一貫性のないコンテンツが作られる。現在がそんな状態であれば、早急に対策を打たなければならない。

    特に大きなB2B組織では、部署間をまたぎ、さまざまな担当者がコンテンツを保有することになる。それぞれのチームは、それぞれの目標に応じたコンテンツを作成しなければならないからだ。典型的なコンテンツのニーズは次のようなものだ。

    ・SEOチームは、Googleのアルゴリズムに生き残り、特定のキーワードフレーズにおけるオーガニック検索で上位表示を期待できる高品質のウェブコンテンツを求める
    ・デマンドジェネレーションチームは、ブランドを目立たせ興味を持たせる存在感のあるコンテンツを求める
    ・生産チームは、製品やサービスのメリットを強調したコンテンツを求める
    ・セールスチームは、会社がどのように結果を出してきたのかを説明するコンテンツを求める

    各チームの努力を無駄にしないためにも、すべてのチームに共通するコンテンツマーケティング文化を構築しなければならない。その方法の一部を、次に述べる。

    メッセージハウスの構築

    チーム間で異なるコンテンツを束ねるために、複数のデジタルチャネルで発信できるメッセージハウスを構築しよう。メッセージハウスはひとつの屋根の下に、複数のカスタマーのニーズやビジネスの目的のガイドとして機能する部屋を有する。屋根の部分は会社の目的などで全体をまとめ、そしてそれぞれの部屋で、それぞれの目標を明確にする。そして、会社の目的に沿った方向性を維持しているのかを検証する役目として、床が全体を支える。抽象的なイメージだが、会社全体でメッセージハウスを構築し共有することで、コンテンツの一貫性が保てる。

    コンテンツマーケティングの役割を決める

    多くの会社で役割が不明瞭なため業務が重複したり、誰の担当か分からなかったりして、非効率な運営になってしまっている。例えばCCO(チーフ・コンテンツ・オフィサー)やME(マネージング・エディター)、コンテンツ・クリエーター、コンテンツ・プロデューサー、CLO(チーフ・リスニング・オフィサー)などの役割である。

    このような役職にはどうしても重複がでてしまうため、全体を統括しコンテンツ戦略を推進する役目としてCCOが存在する。CCOという特別ハイレベルな役割は、機能的なコンテンツマーケティング文化を構築するために最も重要になる。それは、チーム間の利害を超えた基準とメカニズムを備えた共有プロセスと、メッセージのシェアリングシステムを作り、運営する人材が必要なためだ。

    機能的なコンテンツマーケティング文化では、適切な人物による適切な経験が適切なコンテンツを作り出し、適切なオーディエンスと共鳴する。さらにマーケティング部で個々の作業が明確に整理され、カスタマーの目的達成度が高まり、KPI(重要業績評価指標)に反映される形でビジネスの成功につながる。今回取り上げた記事を参考に、そんな機能的なコンテンツマーケティング文化を築いてほしい。

    ベストなコンテンツマーケティングを実践しているブランド

    インターネットを秀逸なコンテンツマーケティングで賑わせているブランドに関する記事は、多くのマーケッターに注目される。
    そこで、現在ベストなコンテンツマーケティングを実践している2つのブランドを紹介したい。

    オーディエンスをコンテンツで驚かせるGE

    GEのタグライン“仕事にイマジネーションを”ほど、真実を語るメッセージはない。創設125周年の巨大ブランドは、常にコンテンツマーケティングの新しい方法を生み出し、あらゆるメディアでその効果を発揮してきた。

    その代表例が、サイエンスフィクションコミックブックへの参入だ。1950年代半ば、GEは子どもたちが科学に興味を持つように、科学コミックブックシリーズを刊行した。そして2015年、GEは現代の若者向けにコミックブックを彷彿とさせるコンテンツ発信をするため、Wattpadとパートナーシップを結んだ。さらにGEは、8パートから成るポッドキャストのミニシリーズを発信し、2015年の第4四半期においてはポッドキャストランキングのトップになった。シリーズを通してセールス色を一切排除したのが、ブランドポットキャストの成功につながったのだ。

    GEはブランドイメージの強化のため、B2BとB2Cどちらのコンテンツマーケティングも採用している。GEのような巨大ブランドは、そのような競争の激しいコンテンツを扱わないと多くの人は考えるが、GEは一貫してコンテンツを作り続け、素晴らしい成果を出している。

    Webマーケティングで使えるツール

    Webマーケティングではさまざまなツールを利用します。もっとも多く利用されるのはGoogleなどが提供しているサイト分析用のツールです。このツールは無料で使うことができ、サイトに指定されたJavascriptのコードを埋め込むことでさまざまな情報が得られます。Javascriptは軽量なために利用者にとって不便になることはありません。Googleが提供するサイト向けサービスでは利用された時間、国籍、ブラウザの種類、検索したキーワード、どの程度いたか、などが分かります。特にアクセス時間は重要であす。また、検索キーワードについても、サイトが想定しているキーワードと比較することでWebマーケティングの重要な指針となります。

    キーワードとペルソナの比較が重要

    また、キーワードについてはコンテンツを作り上げる上でペルソナとの比較も重要です。想定しているペルソナが実際に来訪してくれているのか、また、違う場合にはどの程度違うのかなどをしっかり検討することが可能です。その上でペルソナを変更してコンテンツをより来訪者に合わせるのか、または、ペルソナにそった利用者がきてくれるように広告をうったり、SNSでの告知活動を増やすなどの方策をとることになります

    モバイルのWebマーケティングとは

    Webマーケティングで重要な指針としてモバイル対応が出ています。モバイルについては携帯電話からスマートフォンに代わったことでWebマーケティングにおいても最重要課題となってきています。Webマーケティングではサイトの価値をあげてコンテンツが売り上げを生むことが重要です。コンテンツの価値が上がれば売り上げに直結すると考えられていますが、ある程度の顧客層を限定してサイトを作り上げることが増えています。このような客の限定はペルソナを作ることに繋がりますが、より価値のかるコンテンツを作るために重要であると言われています。

    Googleなど検索サイトはスマホ最適化を重視

    特にモバイル対応についてはPCに比べて狭い画面で最大限情報を取得できなくてはなりませんのでコンテンツを作る上でもさまざまなテクニックが必要になります。WebマーケティングではPC向けに技術が深まってきていますが、Gogleなど検索サイトが携帯端末向けのサイトを重視するようになり、PCだけでしか見られないサイトは表示順位を下げると宣言したことでサイトの携帯端末向けは必須となっています。Webマーケティングにおいおてはコンテンツを効率よく示すためにペルソナを見直すなどさまざまな方法が試されています
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    あなたのおすすめ記事

    コンテンツマーケティングのおすすめ記事