コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング

潜在的な顧客が望む情報を与え続けること

まだ日本では耳慣れない言葉だが、アメリカで10年ほど前から研究されている新しいマーケティングコミュニケーションの方法だ。ある意味、これまでの消費者とメディアとのつながり方を大きく変えてしまうものとも言える。

消費者のメディアとの関わり方が大きく変化した昨今では、マス広告を中心としたマーケティングの効果がどんどん薄くなってきている。テレビ、雑誌、新聞、パソコン、スマートフォン、タブレット端末などとコミュニケーションツールが増えて、消費者が目にするものが多様化したためだ。以前のように、確実に広く宣伝できる方法がなくなり、何を基準に、どこに広告を出せば効果が出るのか分かりにくくなっている。

そんな市場に呼応するように登場してきたのが「コンテンツマーケティング」という考え方。つまり、潜在的な顧客が望む情報を与え続けることで、顧客と関わりを持ち、最終的に購買に結びつけるマーケティングだ。大切なのは仕組みやメディアではなく、コンテンツにあるという考え方で、そのためにはオウンドメディアを充実させることが肝要。  具体的には、その会社だからこそ持っている知識や情報を発信することで、多くの顧客を継続的に呼び込んでいくものと言えるだろう。

インバウンドマーケティングとは
コンテンツSEOとは
コンテンツSEOで失敗しないために大切なこと
コンテンツマーケティングとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事