コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング

潜在的な顧客が望む情報を与え続けること

まだ日本では耳慣れない言葉だが、アメリカで10年ほど前から研究されている新しいマーケティングコミュニケーションの方法だ。ある意味、これまでの消費者とメディアとのつながり方を大きく変えてしまうものとも言える。

消費者のメディアとの関わり方が大きく変化した昨今では、マス広告を中心としたマーケティングの効果がどんどん薄くなってきている。テレビ、雑誌、新聞、パソコン、スマートフォン、タブレット端末などとコミュニケーションツールが増えて、消費者が目にするものが多様化したためだ。以前のように、確実に広く宣伝できる方法がなくなり、何を基準に、どこに広告を出せば効果が出るのか分かりにくくなっている。

そんな市場に呼応するように登場してきたのが「コンテンツマーケティング」という考え方。つまり、潜在的な顧客が望む情報を与え続けることで、顧客と関わりを持ち、最終的に購買に結びつけるマーケティングだ。大切なのは仕組みやメディアではなく、コンテンツにあるという考え方で、そのためにはオウンドメディアを充実させることが肝要。  具体的には、その会社だからこそ持っている知識や情報を発信することで、多くの顧客を継続的に呼び込んでいくものと言えるだろう。

インバウンドマーケティングとは
コンテンツSEOとは
コンテンツSEOで失敗しないために大切なこと
コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングについて押さえておきたいこと

コンテンツマーケティング戦略は単独では成り立たない。あくまで企業戦略の一部であるべきである。理想的には、企業のビジョンや目的を達成するための戦略プラン作成における過程で取り入れたい。つまりコンテンツマーケティング戦略は、企業戦略を補完するものである。

コンテンツマーケティングとは特定のツールを活用し、戦略的に運営目的を達成することである。例えば、同等の商品を異なった価格帯をもつマーケットセグメントで販売する場合、コンテンツマーケティングが利用できる。つまり商品を変えることなく、巧妙に商品に対する認識を変えることができる。

企業や商品、サービスに関する適切なコンテンツマーケティング戦略を立てるためには、無数の決定や取引を経なければならない。混沌のなかにも秩序がある。例えば製品戦略、市場性、バリュープロボジションを考慮した結果、独自のコンテンツマーケティング戦略が生まれるのである。少なくとも、そうあるべきだ。

重要なポイント: 1.コンテンツマーケティングは企業組織としての目的に基づくべきであり、また顧客の要求に応えるものでなければならない。 2.各企業のブランドや製品ラインは、それぞれ独自のコンテンツマーケティング戦略を確立する必要がある。 3.各企業のブランドコンテンツマーケティングは、各顧客層に合わせた独自のものであるべきである。各顧客グループはそれぞれ必要とする情報ニーズを持っているので、各企業はそれに合わせた情報や製品を提供する戦略を立案しなければならない。

購買意欲を掻き立てる有益なコンテンツの作成のためには、綿密な計画と投資が必要である。そして効果的なコンテンツの作成は、テレビのスポットCMや広告を作るより多くの挑戦を要するが、そのようなコンテンツの効果はより長く持続する。

企業はそのことに気付き始めているが、数あるコンテンツのなかで顧客の気を引くコンテンツを作成するのはやはり難しいのが現状だ。顧客へのコンテンツ提供がより簡単だった時代に懐旧の念を持たないではないが、コンテンツマーケティングの未来を信じなければならない。顧客がそれを望む限りは。

コンテンツマーケティングの価値を伝える方法とは

効果的なコンテンツを提供できていると感じるマーケッターと、できていないと感じるマーケッターの間に、どのような違いがあるのか調査を行った。

最も顕著な違いが見られるのは、マーケッターの上司をどれだけコンテンツマーケティングに巻き込めているかどうかだ。当然効果的なコンテンツを提供できていると感じるマーケッターは、上司の協力を得ることができている。それがうまくできていないマーケッターは、コンテンツマーケティングの効果を実感できていないのが実情だ。

それではマーケッターが上司やマーケティングチームに、コンテンツマーケティングの価値を説明するにはどうしたらよいのだろう?そこでプロのマーケッターたちに、助言を求めた。 伝統的なマーケティングに慣れ親しんだ上司たちに、コンテンツマーケティングの価値を説明する方法を伝授してもらおう。

コンテンツマーケティングとは、見込み客のニーズを把握することである。保守的な上司でも、この概念には反対しないだろう。しかし実際に必要なのは、苦労の末結果を示すことである。コンテンツマーケティングキャンペーンと、これまでの商品主体のキャンペーンとを比較したデータを提示しよう。

‐Doug Kessler(@dougkessler)

何よりもマーケッターが望むのは、顧客との良好な関係構築である。伝統的なマーケティングでは、顧客との関係は主に一方的だった。その場合顧客の声が聞こえないので、売上げ結果でしかマーケティングの効果を判断できなかった。コンテンツマーケティングの最大のメリットは、顧客と双方向の関係を築けることである。ブランドは様々なチャネルを通じて顧客と繋がることができ、ビジネスチャンスが広がる。投資コストも伝統的なマーケティングより軽微である。

‐Ahave Leibtag(@ahaval)

コンテンツマーケティングの価値は、顧客と企業の関係構築が可能なところだ。伝統的なマーケティングは見込み客に対し叫ぶだけだったが、コンテンツマーケティングは彼らと意見を交換するところに違いがある。本質的にコンテンツマーケティングは顧客との会話を通じ、良好な関係を築くことを目的としている。それにより企業は売上をアップし、良好なブランドイメージを確立できる。

‐Amanda Maksymiw(@amandamaksymiw)

伝統的なマーケティングは、燃費の悪いガソリン車みたいなものだ。それに対しコンテンツマーケティングは、ハイブリッド車だろう。コンテンツマーケティングの方が、効率的なのは明らかである。顧客の声に真摯に耳を傾け、顧客の立場にたったビジネスを展開することで、成功の道が見えるだろう。 顧客の声を無視するようであれば、ガソリン車に逆戻りである。

‐Katie McCaskey(@KatieMcCaskey)

マネージメントを説得する場合、コンテンツマーケティングの導入効果にフォーカスした方が良いだろう。ビジネスの理論や哲学に興味を示さないマネージャーもいる。彼らにはコンテンツマーケティングがどれだけ顧客獲得に役立つか説明し、成功例を提示しよう。

‐Sarah Mitchell(@globalcopywrite)

マーケティングチームの上司たちには、実例を示して説得するのが効果的だ。マーケティングコンテンツをすべてプリントアウトし、会議室の机の上に並べてみよう。カタログやニュースレター、広告なども一緒だ。そしてこう尋ねる。「これらコンテンツは顧客の知りたい情報だろうか、それとも我々の商品やサービスの自慢だろうか?」。そしてコンテンツマーケティングの必要性と、効果を説明するのだ。

‐Joe Pulizzi(@juntajoe)

コンテンツマーケティングを行うことで、ライバルに差を付け、オンライン社会で信頼性を高めることができる。顧客にとって有益なコンテンツを提供できれば、彼らと長期的に良好な関係を築くことができるだろう。

‐Elise Redlin-Cook(@redlincook)

伝統的なマーケティングの目的は、ブランドの周知であった。それに対しコンテンツマーケティングは、ブログや動画なのどのオンラインコンテンツを通じ、ブランドがユーザーの生活で実際にどのように役に立つかを伝えるものである。

‐Lisa Petrilli(@LisaPetrilli)

伝統的なマーケティングと現在のコンテンツマーケティングには、それぞれの役割がある。コンテンツマーケティングの利点は、低コストでコンテンツを作成し、ウェブで配信できることである。コンテンツが浸透してしまえば、伝統的なマーケティングで対応することで、より大きな成果を得られるだろう。

‐Nate Riggs(@nateriggs)

伝統的なマーケティングはプッシュ型、アウトバウンド的な手法に頼っていた。つまり、ユーザーに一方的にメッセージを配信していた。インターネットが発達した今日では、バイヤーの情報収集が容易になり、不要なメッセージを無視することが可能になった。コンテンツマーケティングで有益な情報を配信できれば、ユーザーから信頼を得ることができ、長期的に良好な関係を築けるだろう。

‐Stephanie Tilton(@stephanietilton)

伝統的なマーケティング思考から離れられない人には、伝統的な議論で説得を試みよう。つまりコンテンツマーケティングの利点、コストや効果、成功例を提示するのだ。

‐Jennifer Watson(@ContextComm)

かつてほど、伝統的なマーケティング手法が通用しなくなったことに気付かせる必要がある。だからといって、これまでのやり方をすべて手放す必要はない。コンテンツマーケティングと伝統的なマーケティング手法を組み合わせることで、大きな成果を得られるだろう。

‐CB Whittemore(@cbwhittemore)

コンテンツマーケティングの最大の利点は、時空を超えたマーケティング手法であることだ。ユーザーが求める有益な情報を提供できれば、場所や時間の制約を受けることなく、ユーザーと繋がることができる。

‐Debbie Williams(@sproutcontent)


役に立つ方法が見つかっただろうか?このように伝統的なマーケティングと、コンテンツマーケティングの違いを説明する方法はいくつかある。マネージメントチームが何を求めているのかを探り、最も適切な方法で説得を試みよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事